予約の電話が苦手なのはなぜ?その理由とスムーズに話せる方法とは

スポンサーリンク

今は個人がスマホを持つ時代になり、もし電話が苦手でも、連絡手段としてLINEやメールなどの文字ツールがあるので便利ですよね。

病院や飲食店の予約もネットで出来ることが増えましたが、電話での予約が必要な場合もあります。

最近は、電話での予約が苦手な人は意外に多いそうですが、なぜでしょう。

なぜ予約の電話が苦手なのかは、文字ツールでのやり取りが主流になり電話をかける機会が減ったため、電話自体が苦手だからです。

今度お店を予約するけど、電話をかけるのが憂うつ…。

大丈夫!予約のときスムーズに話せる方法や、お店に電話をかけるのにちょうどいい時間も教えますよ♪

また電話自体がなぜ苦手なのか、詳しい理由もご紹介しますね。

電話をかけるのに勇気がいるあなたに、この記事が背中を押してくれることを願っています。

スポンサーリンク

予約の電話が苦手だと感じるのはなぜか

最近ではネットで予約出来る機会も増えましたが、まだ電話での予約が必要な場合もありますね。

例えば、病院、美容室、飲食店の予約などが当てはまるでしょうか。

私も予約の電話をするときは少し緊張し、かける前に話す内容を頭の中で考えてから、電話をかけます。

ではなぜ予約の電話が苦手なのか調べたところ、文字ツールでのやり取りが主流になり、電話をかけること自体が苦手であることが分かりました。

さらに調査していくと、最近では「電話恐怖症」という言葉があるくらい、電話に対して苦手どころか恐怖を感じる…そんな人も増えているそうです。

そして「電話恐怖症」かどうか調べられるチェック表もありましたよ!

次の10の質問のうち1~4のうち2つ以上、なおかつ5~10のうち3つ以上当てはまると「電話恐怖症」に該当するそうです。

「固定電話」というワードがありますが、固定電話がないお家も多いので「携帯電話」に置き換えてもいいのではないでしょうか。

【電話恐怖症かどうか分かる10の質問】

  1. 自宅や勤務先の固定電話が鳴ると緊張してしまう
  2. 自宅の固定電話にかかってきたとき居留守を使い出ないことがある
  3. 非通知でかかってきた電話には出ないことが多い
  4. 見知らぬ番号から着信があっても出ないことが多い
  5. 固定電話に電話をかけるときは緊張してしまう
  6. 友人や知人に電話をするとき、LINEやメールなどで前もって連絡する
  7. 留守番電話に伝言を入れることが苦手である
  8. お店などを予約するときは、電話よりネットで予約する
  9. 電話をかける前に話す内容やセリフを考えたり準備したりする
  10. 電話のほうが早い場合でもLINEやメールを使って連絡したい

ある調査によると、上のチェックを行った結果、40.3%の人が「電話恐怖症」に当てはまるということが分かりました。

あなたはいかがだったでしょうか。もちろん私は、電話恐怖症に該当しましたよ(笑)

でも電話が苦手だと思う人は予想外に多いことが分かり、ホッとした気持ちもあります。

では、なぜ電話自体が苦手だと感じるのか、その理由も調べてみました。

電話をかけることが苦手だと感じる5つの理由

電話をかけることがなぜ苦手だと感じるのか、その理由は次の5つのことがありましたよ。

  • 電話をかける経験が不足している
  • 顔の見えない相手と話すのが苦手である
  • 電話はその場に応じたレスポンスが必要になる
  • かける相手の状況が分からない
  • かけた相手から雑な対応をされないか不安である

あなたにも思い当たることはありますか?詳しくみていきましょう。

電話をかける経験が不足している

これは特に20~30代の若い層に多くみられる傾向です。

それぞれが携帯電話を持つ時代になり、LINEやメールなど文字ツールでのやり取りが主流になっているのは、先ほどもお伝えしたとおりです。

そのため電話をかける必要性がなくなり、かける回数も減ったことで、電話に対する抵抗感があると考えられます。

また、家の固定電話でもかかってきた相手の番号が表示されるようになったり、携帯電話でも誰からの電話なのか表示されたりしますよね。

そこで見知らぬ番号からの着信は、詐欺や嫌がらせ電話の可能性もあり、出ることをためらいます。

それも電話で話す機会が少なくなった一つの要因ではないでしょうか。

顔の見えない相手と話すのが苦手である

最近は、お互いを知る友達との電話でさえも「苦手…」「出来ればLINEで連絡を済ませたい」と思う人も多いようです。

だって沈黙がこわいし…切るタイミングが分からないから苦手だわ。

電話では相手の表情が分からないため、声のトーンや言い方から、気持ちを読み取ることしか出来ませんね。

そのエネルギーを使いながら電話で会話を続けることで疲れたり、面倒に思ったりして苦手…と感じるのです。

知り合いでも電話をすることが苦手と感じるなら、予約のために顔の見えない相手に電話をかけることは、グンとハードルが上がってしまいますね。

電話はその場応じたレスポンスが必要になる

例えば、LINEなどでのやり取りなら、届いたメッセージを読んで返信するまでの時間が与えられます。

でも電話ではそうはいかず、相手からの会話に対してその場でやり取りする「瞬発力」が必要になります。

事前に話す内容を考えていても、相手から予想外のことを言われると焦ったり、あたふたしたりした経験はありませんか?

私もとっさにスラスラと言葉が出てくるほうではないので、この不安はとてもよく分かります。

かける相手の状況が分からない

これから電話をかける相手が、今どんな状況なのか分かりません。

もし忙しいときに電話したら迷惑に思われないかな…。

こんなふうに考え始め、そのまま時間だけ経っていた…なんてことはありませんか?

そんな不安が、電話をしたくない心理になってしまう原因の一つではないでしょうか。

かけた相手から雑な対応をされないか不安である

もしも相手が忙しいタイミングで電話をしてしまい「今、忙しいから!」と素っ気なくされたらどうしよう…と不安になります。

またイライラした声で対応されたら嫌だな…と考えたり、電波状況が悪くて何度も聞き返すことになったらどうしよう…と思ったり。

そんな電話ならではの悩みを考えると、苦手だと感じる人が多いのも分かる気がします。

私が子供のとき、友達と約束をするには固定電話を使う方法しかありませんでした。

ドキドキしながら相手の家に電話をかけ、お家の人につないでもらうことが必要でした。

今では考えられないくらい面倒な過程を踏まないと、約束もできない時代でしたよね。

でもそのおかげで友達のお母さんと少しおしゃべりしたり、相手の家族の様子が分かったり。

面倒な手間のおかげで「電話で話す」という練習をしていたのかもしれません。

今はそんなことをしなくても直接相手とつながる便利な時代です。

しかも話さなくても、文字のやり取りだけで相手との約束が出来てしまいます。

便利さを手に入れる代わりに失うものがあるのも、仕方のないことかもしれませんね。

予約の電話をすることのメリットもある!

電話をかけるのが苦手な理由をたくさんご紹介してきましたが、もちろん電話で予約をすることのメリットもありますよ!

電話で予約をすることのメリットはこちらです♪

  • 予約がその場で完了する
  • 細かい要望や相談が出来る

電話で予約すると、リアルタイムで予約が完了します。

また、ネットでは伝えきれない細かい要望や相談があるときは、直接電話で会話出来ると心強いですね。

明日のランチに予約したいのですが、子供がアレルギーをもっています。メニューは対応してもらえますか?

はい、何のアレルギーをおもちですか?

電話での予約は苦手…と思っていたあなた、理由が分かったところで、次は実際に電話でスムーズに話せる方法をお伝えしますよ!

予約の電話はなんて言えばいいのか

それでは実際に電話で予約する場合、なんて言えばいいのでしょうか?

まず第一声は「予約をお願いしたいのですが」と要件を最初に伝え、相手に聞かれてから名前や詳しいことを伝えれば大丈夫です。

最初に自分の名前を「〇〇ですが」と伝えるべきか迷いますが、よほど相手と顔見知りでない限り、伝えても通じないことが多いです。

たくさん話そうとすると最初から緊張してしまうので、「予約したい」という要件だけをシンプルに伝えたほうがスムーズですね。

また余裕があれば、最初に「お忙しいところすみません」と入れると、より丁寧な印象を与えます。

あとは相手のほうで予約の日にちなど、話を進めてくれます。

ではそのあと、予約先ごとになんて言えばいいのか、また準備しておくとよいものをご紹介しましょう♪

病院を予約するときはなんて言えばいいのか

病院の場合は「初診」または「再診」か、「健診」なのか、聞かれたら答えられるようにしましょう。

また病院によっては症状が「いつから」「どんなふうに」あるのか聞かれるかもしれないので、話せるようまとめておきましょう。

二日前から歯が痛くて…食べるときも痛みがあります。

詳しいことは実際の診察で聞かれるので簡単にまとめ、出来たらメモに書いて見ながら話すと、焦らずに済みますよ。

私も電話でなんて言えばいいのか不安なとき、この方法を実践したことろ慌てずに説明することが出来ました!

また診察券があれば準備をしておくと、カルテ番号を聞かれても慌てずに済みます。

美容院を予約するときはなんて言えばいいのか

美容院を予約するときは、カット・パーマ・カラーなどのメニューを聞かれるので決めておきましょう。

もしもパーマをかけたいけれど悩んでいる…というときは「美容師さんと相談してから決めます」と伝えれば大丈夫。

また担当する美容師さんの希望や指名があるかどうか、聞かれるかもしれません。

男性・女性のどちらがいいか、など希望があれば考えておきましょう。

飲食店を予約するときはなんて言えばいいのか

飲食店を予約するときは、来店する日にち、時間、人数を伝えるのでまとめておきましょう。

人数は、大人・子供が何人いるか、詳しく聞かれるかもしれません。

また、記念日などでサプライズを考えている場合(お花を預かっておいてほしいなど)その希望もあらかじめ伝えておくといいでしょう。

さらに調べると、なんとアプリで飲食店の予約を代行してくれるものがありました!

アプリの名前は「ぺコッター」といい、全国にある飲食店の予約を依頼出来るのです。

使い方は、ぺコッターのチャットに飲食店のURLを貼りつけ、日時と人数を送ります。

すると代わりに予約の電話を入れてくれ、結果を報告してくれる仕組みです。

これなら、移動中や会議中など電話がかけづらいときもチャットで予約が完了しますね。

また電話がつながらないお店に何度もかける必要もなく、何より電話が苦手な人には有難いサービスです!

どうしても飲食店に電話するのが苦手なあなたは、ぜひ覚えておくとよいかもしれません。

予約の電話でなんて言えばいいか、いくつか例をあげてみましたがヒントになるものがあれば幸いです。

予約の電話をするときに覚えておくといいこと

その他、予約の電話をするときに大切なことを3つお知らせしますね♪

  • 自分のスケジュールが分かるものを手元に置いておく
  • メモとペンを準備しておく
  • ゆっくりと落ち着いて話す

自分のスケジュールが分かるものを手元に置いておく

予約の電話を入れても、必ずしも希望通りの日時が取れるとは限りません。

それでは別の日に…となったときに、慌ててスケジュール帳を探すことがないよう、手元に置いてから電話しましょう。

また今はスマホでスケジュールを管理している人も多いので、スマホで電話をかけると確認出来ず困りますよね。

その場合は、あらかじめ希望の日時を3つほど決めてメモしておくと慌てずに済みます。

これは私も病院の予約を取るときに経験があります。

混んでいて希望の日は空いていないことが多いため、あらかじめ可能な日を書き出しておいたところ、落ち着いて対応出来ました。

メモとペンを用意しておく

うまく予約が取れてホッとしたけれど、あれ?〇月〇日でよかったかな?と不安になり、また電話をかけ直す…なんてことは避けたいですね。

電話は緊張するという場合は、なおさら予約した日時を忘れないようメモに書き残しておきましょう。

ゆっくりと落ち着いて話す

電話で話すときは、とにかくゆっくりと話すことが大切です。

電話が苦手で早口になってしまう場合は、ゆっくりすぎるかと思うくらい、ゆっくり丁寧に話すと自分自身も落ち着いてきます。

またかける前に、電話の相手を想像し、会話をイメージトレーニングしておくと効果的です。

話す内容もメモに書き、それを見ながらゆっくり話す練習を繰り返せば、焦らずに話すことが出来るでしょう。

予約の電話でなんて言えばいいのか分からない…と悩んでいる人は多いことが、今回調べてみて分かりました。

最初は失敗したり、うまく話せなくて落ち込むこともあったりするかもしれませんが、大丈夫!

私も「緊張して変な言い方しちゃった…」「早口になって恥ずかしい」というたくさんの失敗をしてきましたよ。

でも回数を重ねるごとに慣れ、かけた相手に親切な対応をしてもらえて嬉しかった経験もあります。

今は電話以外のコミュニケーション手段もたくさんありますが、電話は必要な手段としてこれからも欠かせないものでしょう。

苦手意識を持ち過ぎず、電話でのコミュニケーションも少しずつスキルアップ出来たら、自分への自信にもきっとつながりますよ♪

予約の電話をするのにちょうどいい時間とは

ランチの予約で電話をしたいけれど、何時にかけるのがいいのかな?

予約の電話で伝える内容も決まり、いざ電話をかけようとしたときに、こんなふうに思ったことはありませんか?

特に飲食店の予約をするとき、時間帯によってはとても忙しいため、ランチタイムやディナータイムは避けて電話をしましょう。

飲食店が忙しいときに電話をして、雑な対応をされたりイライラした声で話されたりしたら、残念な気持ちになります。

予約が取れたとしても、そのあとお店に行くのが憂うつになるかも…。

お店がどんな状況か、想像力をはたらかせて電話すれば、お互いに気持ちよくやり取り出来ます♪

では飲食店に予約の電話をするときに、何時ごろがいいのか具体的にお伝えしますね。

飲食店に電話するのに望ましい時間帯

ランチタイムやディナータイムのあるお店なら、それぞれ開店の1時間~30分前がベストです。

1時間前なら食材の仕込みも終わり、落ち着いているころでしょう。

また開店直前になるとお客さんを入れる準備で忙しくなるため、30分前までに電話するのが望ましいです。

ランチとディナーの間も営業を続けているお店と、休憩を入れているお店がありますよね。

どちらの場合も、比較的余裕のある時間だとは思うので、電話をしても大丈夫だと思われます。

中にはお店によって、少人数のスタッフで回しているところもありますね。

なかなか電話に出られないかもしれないので、そんなときはまた時間をおいてかけ直しましょう。

いずれの場合にも、前にお伝えした「お忙しいところすみません」の一言を言うだけで、お店の方も気持ちがなごむことでしょう。

またこれは飲食店だけでなく、病院や美容院でも同じですね。

それぞれ始まる30~15分くらいに電話をすれば、落ち着いて対応してもらえるでしょう。

予約変更やキャンセルの電話は必ずかける

万が一、予約変更やキャンセルをするときは必ず電話をしましょう。

都合が悪くなったらキャンセルの電話をしないと、相手にとっては何より迷惑になってしまいます。

これも電話が苦手な人には避けて通りたいところかもしれませんが、予約が出来たあなたなら大丈夫!

予約のときと同じように、焦らずゆっくりと話してみましょう。

まとめ

  • 予約の電話がなぜ苦手なのかは「電話をかけること自体が苦手」という場合が多い。他には「電話する経験が不足している」などの理由がある。
  • 自分が「電話恐怖症」かどうか、調べられるチェック表もある。
  • 予約の電話をしたいが、なんて言えばいいのか迷った場合、第一声は「予約をお願いしたい」と、要件をシンプルに伝えると良い。
  • 予約の電話をするのにちょうどいい時間は、飲食店が開く30分~1時間前が望ましい。なぜなら開店後はお店の人が忙しくなるため。

私自身も電話が苦手でしたが、なぜ苦手と感じるのか、調べてみてよく分かりました。

個人がスマホを持つようになった今の時代、電話する経験がないまま社会人になり、会社での電話対応に苦労する人が多いという話も聞きます。

携帯電話と言いつつ「電話」として使うことが少なくなっていますが、連絡する手段としてこれからも電話は欠かせないものになります。

文字だけでなく、電話でのコミュニケーションがあなたの世界を広げてくれることを願っています♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました