ライブでのトイレは紙おむつを使うと困らない!注意点や対策を紹介!

エンタメ
スポンサーリンク

待ちに待ったライブ!楽しみで仕方ない!

こんな気持ちをさえぎるかのように、ライブのトイレ問題が憂鬱になりませんか?

ライブが始まる前にトイレに行っておこうと、なんとかトイレまで辿り着いたものの、トイレには長蛇の列…。

開演まで時間もない。尿意も限界。色んな不安で冷や汗をかきながら、列に並ぶことに…。

私も、ライブのトイレ問題には毎回悩まされます。

そんな時におすすめなのが、大人用紙おむつです!

「この歳でおむつ?」と抵抗がある方も多いと思いますが、間に合わないかもしれない時の焦りがないというのは、とても心が軽いです!

私はトイレに焦っていると、同行者の話が何も頭に入ってこないどころか焦りからイライラもしてきてしまいます…。

今回は、ライブでトイレに困らないための紙おむつの使用について&ライブのトイレ対策についてご紹介していきます!

スポンサーリンク

ライブでトイレ難民にならないための紙おむつ!

「大人用紙おむつ」と聞くと、何となくまだ自分には必要のないもの、この歳で紙おむつなんて…と抵抗がありますよね。

しかし、ライブ会場のような大勢が集まる場所で、トイレの長い列に悩むことはありませんか?

そもそも普段からトイレが近いと、楽しみなライブが不安な気持ちでいっぱいになることも。

そんな悩みや不安が少しでもあるあなたは、万が一の時用に大人用紙おむつを使用してみることをオススメします!

また、大人用紙おむつといってもいくつか種類があります。

大人用紙おむつの中でも、薄手のリハビリパンツ&尿取りパッドを使う方法がオススメですよ!

大人用紙おむつは、自分で取り換えることが困難な方が使用するものから、自分で取り換えることができる方が使用するものなどさまざま。

ライブのトイレで不安な場合、薄手のリハビリパンツや尿取りパッドが使いやすいと思います。

尿意は生理現象のため、我慢するのも辛いですよね。尿意を我慢しすぎると膀胱炎の原因にもなります。

また、ライブ会場などの大勢の人が集まる場所では高確率でトイレは混雑しています。

ライブが始まってからトイレに行くのは他の観客の迷惑になったりすることもありますよね。

私は席に着いたあとに、「すみません、すみません、」と人の前を通るのがどうも苦手です…(笑)

何より最初から最後までライブを思いっきり楽しみたいですよね。

また、間に合わなかった時のことを考えると…。恐ろしいです…。

最初は紙おむつに違和感や、抵抗があるのはもちろんです。

しかし、冷や汗をかきながら間に合うか間に合わないかの窮地をさまようよりは、気持ち的に楽になる方もいるのではないでしょうか。

ライブ中のトイレが不安!紙おむつは本当に使える?

家で試しに紙おむつを使用をしてみて、実際に使えそうであれば安心ですよね。

でもやっぱり紙おむつにするのは不安…。

いくら練習や対策をしたからといっても外で紙おむつに用を足すのはなかなかハードルが高いですよね…。

ですが、皆さんが不安に思っているほど紙おむつもやわじゃありません!!(笑)

しっかり使用方法と注意点を踏まえておけば、紙おむつはライブでの心強い味方になってくれます!

今から、紙おむつを使用する際に考えられる、ライブ中の不安についてとその対策についてお話ししていきます。

<紙おむつを使用する場合の不安点>

  • 臭いが心配
  • 漏れて服に染みてしまうのではないか
  • 1枚のおむつで何回までできるのか
  • もこもこしていて服の上から紙おむつが分かってしまうのではないか

1番良いのは我慢せずにトイレに行くことですが、しっかり対策をすれば、紙おむつを使用しても心配ありません!1つずつ見ていきましょう。

ライブでの紙おむつ対策

<臭いが心配>

自分が尿意から解放されても、その後臭いがきついと自分も周囲も不快ですよね…。

ライブ会場では隣や後ろの人とも距離が近いため、心配です。

臭い対策はこちらです!

  • こまめにおむつを交換する
  • こまめに水分補給をする

そもそも尿は、時間が経過すればするほど臭いを放ちます。

尿をしたら放置せず、タイミングを見計らって替えるようにしましょう!

また、尿意がこないようにと水分を控える方も多いと思います。

しかし、尿の濃度が高くなると臭いがきつくなることがあるため、水分は控えずにこまめに摂るようにしましょう。

<漏れて服に染みてしまうのではないか>

おむつは替えを持って行っても、外出先では服の替えはかさばるし、何より汚したくないですよね。

服に漏れる不安な対策はこちらで解消していきましょう!

  • サイズが合っているかチェック
  • 正しい装着ができているかチェック

家で試しに使用する際にチェックできる点でもありますね。

サイズは体型に合っていて、ヒップやウエストなどにしっかりフィットしているか、太ももに隙間は出来ていないかなどを確認しましょう。

<1枚の紙おむつで何回までできるのか>

私の体験談になりますが、吸収力が高いものであれば尿量によっては2回までできます。(紙おむつによって違います)

ライブの時間が3時間ほどと仮定しても、2回できればだいぶ持ちますね。

しかし、吸収はされるものの蒸れや湿気が不快に感じる上、臭いの心配もあるためライブが終わったらすぐに替えることをおすすめします。

商品を選ぶ際に、吸収力にも注目してみるといいかもしれませんね。

<もこもこと服の上から分かってしまうのではないか>

臭いや漏れの対策をし、いざ外出!となった時に鏡をみたらおむつをしていると丸わかり…。なんてことにはなりたくないですよね。

大人用紙おむつの中でも、薄手のリハビリパンツ&尿取りパッドなどを選ぶとより分かりにくいので安心です!

また、主に身体のラインが出る服は紙おむつをしていると分かりやすいので、ロングスカートやカーゴパンツなどのゆったりとした服だとより安心。

身体のラインが分かりやすい服の例としては、ぴったりとしたジーンズやタイトスカートなどです。

ゆったりとした服は動きやすいですし、ライブにも着て行きやすいので紙おむつをしている方には一石二鳥ですね。

上記の不安点を踏まえて、実際に現物を見て自分に合う大人用紙おむつを見つけられるとベストです!

実際に紙おむつを使ってみた!使ってみた感想は!?

そんな私も、ライブではありませんが車で長時間移動する時に大人用紙おむつを使ったことがあります!

実際に大人用紙おむつを使用してみた感想はこちらです。

  • やはり違和感はある(湿気、蒸れのような違和感)
  • 漏れないかどうかは不安
  • 臭いはほぼ気にならない、無臭に近い

また、私が使用した時にした対策はこちらです!

  • しっかり隙間なくフィットさせる
  • 次のサービスエリアですぐに外す、清潔にする

私はコーヒーが好きで、1日に最低でも2杯は飲んでいました。

そのため、トイレには人よりも多く行く方だと思います。

そんな時、車で長時間移動する機会があり、不安だったため大人用紙おむつ(尿取りパッドのみ)を2枚、車に積んでおきました。

実際の移動時間は10時間ほどでした。10時間の中で使用した紙おむつの枚数は…1枚でした!

私は不安だったので、サービスエリアを見つける度にトイレに行っていましたが、それでも1枚使用しました。

使用する際のポイントとしては、清潔に保つことが大切なため、できる限りこまめに紙おむつを交換することをおすすめします!

大人用紙おむつはどこで買える?相場は?

不安点を踏まえた上で、実際に大人用紙おむつはどこで買えるのかをご紹介します!

1.薬局・ドラッグストア

まずは王道の、薬局・ドラッグストアです。

皆さんも1度は目にしたことがあると思います。1度は目にしたことがあるという経験から、手っ取り早く買える場所でもありますね。

また、比べるための現物が置いてあったりと、選ぶ際の失敗も減らせそうです。

2.楽天・Amaonなどのネット

大人用紙おむつを買うことに抵抗がある方も多いかと思います。そんな方には楽天やAmazonなど、ネットでの購入がおすすめです。

現物を見ることはできませんが、人に会わずに購入できるため、人の目を気にする必要もありません。

ネットで購入する方はメジャーなどでしっかりと身体のサイズを測っておくと失敗を減らせそうですね!

3.コンビニ・百均

店舗によって、コンビニや百均にも大人用紙おむつが置いてあるようです。

おむつを持ってくるのを忘れてしまった、試しだからたくさんは要らない場合、近くにコンビニや百均があったら探してみるといいかもしれません。

しかし、私の家の近くのコンビニでは置いていませんでした。

「コンビニに行けばある!」という考えは少々危険かもしれません。事前にチェックしておくか、家から持ってくる方が確実で安心です!

どこで購入できるかがわかったら、次は値段が気になりますよね。

ライブなどで使用する際はたくさんの枚数はあまり必要ないと思うので、

今回は私がおすすめするリハビリパンツ&尿取りパッド(お試し2~3枚入り)の相場を、調べてみました!

  • リハビリパンツお試しパック(2~3枚入り)→¥200~500
  • 尿取りパッドお試しパック(2枚入り)→¥100~200

合計すると、高くても1,000円以内で収まります。選ぶものによってはワンコイン以内で収まるため、最低限の出費で済みそうです!

私はライブなどのイベントでは必ず最低1つグッズを買ってしまうので、少しでも出費が浮くのは非常に嬉しいです♪

ライブでのトイレ対策!トイレ休憩はある?

私もライブに行った経験がありますが、開催時間2~3時間ほどのライブではトイレ休憩がないことが多いようです。

そのため、トイレ休憩はないものと仮定してできる限りのトイレ対策をしてからライブ開演を迎えるのが望ましいです!

やっぱり紙おむつは抵抗があるし、着けたくないなあ…。

ここまで、ライブで紙おむつを使用する際のお話をしてきましたが、「それでもやっぱり紙おむつは…。」と踏み切れない方もいると思います。

紙おむつなしの場合、ライブでのトイレ対策はこちらです!

  • 余裕をもって会場に着き、混雑前にトイレに行く
  • MC中などのタイミングで行く(混雑、他の方の迷惑は覚悟で!!)
  • その時にしたくなくても、トイレを見つけ次第行くようにする
  • カフェイン入りの飲み物や柑橘系ジュースは避けて、お茶(ノンカフェイン)か水を飲む
  • カリウムが多く含まれる食材に注意する

カフェインの多く含まれるコーヒー・紅茶、緑茶・ウーロン茶などはトイレが近くなることで有名ですが、柑橘系のジュースにも注意しましょう!

なぜなら、柑橘系の食材自体にカリウムが多く含まれるからです。

私は映画前などにはコーヒーを飲まないように意識していましたが、柑橘系の飲み物は盲点でした!

直前にランチをしていたら、何も考えずにオレンジジュースを頼んでしまいそうです。

カリウムは水分を体の外に出す働きをすることから、浮腫み対策などに積極的に取り入れられていて、利尿作用があると言われています。

カリウムが多く含まれる食材は、バナナ、メロン、かぼちゃ、アボカド、芋類、柑橘系の果物です!

美味しいものばかりですね…。気にしすぎもよくありませんが、不安な方は前日の夕食あたりから食事や飲み物を意識すると安心かもしれません♪

まとめ

  • しっかりと対策やチェックをすれば臭い・漏れ、服選びも安心!
  • リハビリパンツ&尿取りパッドの組み合わせがおすすめ
  • 身近なドラッグストア、ネット、コンビニなどでも購入できる!
  • お試しパックの数枚入りなら数百円で収まる!
  • タイミングを見計らってトイレで交換し、清潔に保つ

ライブのトイレ対策は紙おむつ以外にも、事前にトイレに行くことを意識したり、ライブ前に飲み物や食べるものを工夫するという方法もあるので意識しておきましょう!

ライブ会場などではトイレを探すのも、自分のペースでトイレに入ることも困難です。

そんな時に紙おむつという選択肢があれば、いざという時に困らずに済みそうです。

せっかくのライブやおでかけは、思いっ切り楽しみたいですよね。

そんな素敵な思い出の中に、トイレ探しや尿意のせいで楽しめなかったという残念な思い出は入れたくないものです…。

そんな時のために、大人用紙おむつという選択肢をご紹介しました!

大人用紙おむつには抵抗があるという方も多いと思いますが、ライブに是非取り入れてみましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました