パートで週3勤務がきついと感じるのはなぜ?!対処法もご紹介!

生活
スポンサーリンク

社会とのつながりを持つためや、子供が大きくなったから仕事をしようといざ働き始めると、パートで週3勤務が意外ときついと感じるかもしれません。

パートで週3働くときついと感じてしまう理由には、どういったものがあるのでしょうか。

パートで週3勤務がきついと感じる理由として、毎日のルーティン変更や、疲れから家事や育児が疎かになってしまうことがあります。

そういう私もパートで週3日から仕事を始めました。当時、仕事のある日は体力的にもきついと感じていました。

今回はパート週3勤務をきついと感じる理由を紹介していきます。

また、パート週3勤務がきついと感じてしまった時の対策方法もご紹介しますので、どうぞ最後まで読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

パートで週3勤務がきついと感じてしまうのはなぜ?

パートを週3で勤務をするということは、残りの4日は休みの日ということになります。

週の半分は休めるという状況なのに、なぜパート週3勤務をきついと感じてしまうのでしょうか。

パートで週3勤務がきついと感じる理由はこちらになります。

  • 毎日のルーティンを変えなければならない
  • 仕事内容を覚えるまでが大変
  • 疲れて家事育児まで手がまわらなくなる

休みの日が4日もあれば、毎週きっちり休めるから仕事と家事育児を両立して充実な生活を送れるだろうと思いますよね。

私もパートで週3くらいなら家事や育児をしてもそんなにきつくは感じないだろうと甘く思っていました。

しかし、実際週3勤務をしてみると、想像以上にきつかったです。

今からそれぞれの理由について、詳しく紹介していきます。

毎日のルーティンを変えなければならない

日によって毎日のルーティンを変えなければいけないことは、結構大変です。

特に、仕事がある日のルーティンはとても大変なのではないでしょうか。

パートを始めて1番の変化が朝、家を出るまでの時間の使い方です。

自分の身支度はもちろん、朝のうちにやってしまいたい家事ってよく考えてみると結構ありますよね。

洗濯、トイレや部屋の掃除、ゴミ捨て、お弁当作り、朝ごはんの支度などなど…

さらに子供がいれば着替えやトイレの付き添い、朝ご飯を食べさせたり歯磨きをしたり朝から目が回るような忙しさです。

このようなことを朝の忙しい時間にこなしてから仕事をするので、出勤時にはもうクタクタということもよくあることなのです。

パートで週3日でも、いかに自分が疲れない様に効率よく出勤できるかを日々、試行錯誤してルーティンを作っていくかが大切になります。

仕事内容を覚えるまでが大変

パート週3だと、毎日仕事に行くわけではないので、仕事内容を覚えるのが大変です。

パートで週3日くらいの仕事というとコンビニや飲食店、スーパーなどの接客業も多いですよね。

学生の頃アルバイトで接客業の仕事をしていた人もいると思います。

しかし、何年か経つとレジや機械が全く別のものになっていて操作方法が変わっていたというのも珍しくはありません。

会社や店によって、さまざまなルールもありますよね。

「こう聞かれたらこのように答える!」や「〇〇という言い方はダメ!」など作業以外で覚えなければいけないことも多いかもしれません。

たまにの出勤だと、仕事を覚える時間も短く、なかなか覚えられなくてきついと感じることがあります。

何事も一緒かと思いますが、いくつになっても新しいことを覚えるってワクワクもしますが大変ですよね。

疲れて家事や育児まで手が回らなくなる

パートで疲れた後に、家事育児をするのがきついと感じ、手が回らなくなる人もいます。

新しい仕事を覚えたり、忙しかったり、それぞれいろんな状況で働いていると思います。

帰宅した頃には疲れきって椅子になだれ込む様に座ってしまいますよね。

そうすると朝できなかった家事の続きをやる気力がでません。

私もパートから帰宅し座ったらもう動けないので、できる限り座らないで家事などを片付けてしまいます。

少しづつ溜まっていく家事などをみて、パートって週3だけ働いていてもきついなあと感じるのです。

パート週3だと、一見楽そうですが、仕事の日は大変です。

また、休みの日やパート後に子供の予定や習い事などがある場合は、仕事がないからといって実際休めるわけでもないですよね。

パート週3勤務でもきついと思う理由は人それぞれ。パート週3勤務をきついと思う人はたくさんいますよ。

パートで週3日勤務を理想とするわけは?

子供を預けている間に働く人、趣味や習い事などの自分の時間を確保したい人など「週3日、4〜5時間」というのが理想という人も多いかと思います。

では、パートで週3勤務をきついと感じながらも理想とする人が多い理由はどういったものがあるのでしょうか。

  • 外出や旅行などの予定が立てやすい
  • 自分のための時間をつくれる
  • 子供との時間をつくれる

私も実際に仕事探しをしていた時に子供との時間が欲しかったのです。

しかし、なかなか理想通りのパートの求人が見つからなくて求人サイトを穴が空くほど見ていました。

ですが、実際に求人情報を探してみると「週3日以上」や「フルタイム歓迎」と書いてある求人が多いのが現実。

理想の求人を見つけても、最低賃金であったり保険がなかったり理想が叶う働き方をするのはなかなか難しいのです。

外出や旅行などの予定が立てやすい

勤務先の働き方が、従業員が交代制で働くシフト制であれば週4回の休みを一週間のどこに入れても良いのです。

私もよくこの日は予定はないけれど、◯◯スーパーが安い日だからとお休みをもらってしまいます(笑)

プライベートなので、休む理由は全て話さなくてもいいのです!

子供の園行事や旅行に行く予定が前もって分かっているのであれば希望休みを取りやすいのがパートの良いところなのです。

予定がなくても休みたい日や曜日があれば、希望を出し休みをもらう事ができます。

分かっている予定があれば前もって把握して、事前に休みの希望を伝えるのを忘れないようにしましょう。

自分のための時間をつくれる

週休4日とは、土日のほかに平日2日は休みが取れるという計算になります。休みの日が多いと精神的(もちろん体力的にも)余裕が生まれますよね。

精神的に余裕があると、自分はもちろん周りに優しくすることができるのです。

仕事をしていても余裕があって自分にも周りにも優しい人って誰からみてもとっても素敵ですよね。

そして自分に優しくできると、身体の不調などに気付きやすくなるので悪くなる前にケアをして自分のことを大事にできます。

自分のための時間ができれば趣味に使うのも良いです!

習い事を始めてスキルアップや資格を取得するなど、社員として将来転職するための勉強の時間をつくることもできちゃいます。

旅行貯蓄の目標などがあれば、ほかにも仕事をかけもちして、まずはお金を貯めることもできるかもしれません。

子供との時間をつくれる

パートで週3勤務を時短や扶養内で働くとすると1日約4〜5時間くらいということになりますよね。

1日4〜5時間というと、朝9時からの仕事であれば13時か14時には終わるので遠い職場ではなければ遅くても15時くらいには帰宅できます。

すると子供が園や学校から帰ってきたら、「おかえり」と直接言ってあげることができるのです。

私もできることなら子供の帰宅時間には家にいて「おかえり」と言ってあげたいです。

一緒に夕飯のお買い物に出かけたり、公園に連れて行ってあげたりと子供とのスキンシップやコミュニケーションの時間をきちんと取ることができます。

パートで週3がきついときの対処法3選

いくら休みをもらえたからといっても、パートで週3勤務がきついと感じてしまうことは誰しも充分にあります。

では、きついと感じてしまった時はどういった対処法があるのでしょうか。

  • 週2日に出勤を減らしてもらう
  • 時短家電に頼る
  • 自分にご褒美をあげる

それでは、それぞれの対処法を紹介していきます!

週2日に出勤を減らしてもらう

パートで週3働くのは慣れなくて、きついと感じてしまったら、週2に減らしてもらうという対処法です。

まずは週2で生活リズムを整えて仕事も家事育児も慣れてきてから、週3に増やしてもらいましょう。

週3に増やしたらまた大変かもしれませんが、ルーティンの整え方は知っているわけなので慣れるのに時間はかからないでしょう。

さらに将来的には週4、週5とステップアップしてフルタイムや正社員として働くことも可能かと思います。

週3で雇ってもらっておいてそんなこと言えない…と思うかもしれません。

しかし、きつい状態で働いて家族にも職場にも迷惑をかけてしまうという事態になるのであれば、早めに対処をしておくのがいいですよ。

時短家電に頼る

一言で家事といっても掃除や洗濯など細かくリストにあげるとキリがないのが家事ですよね。

少しでも楽をするため、自分や子供との時間を確保するために時短家電に頼るという対処法はいかがでしょうか?

今はロボット掃除機や乾燥機能・自動投入洗濯機、食器洗浄機など便利な家電がいっぱいあります。

初期費用はかかってしまいますが、壊れるまで毎日使うとして日割り計算をしたら1日数十円です。

わが家にも時短家電がいくつかありますが、仕事をしている時に掃除や皿洗いが終わっているので大変助かっています♪

きつい家事を少しでも楽にする為に時短家電の購入をぜひ検討してみてください。

自分にご褒美をあげる

最後に自分を褒めてあげたのはいつでしょうか?

パートに家事や育児、毎日忙しく動いているとつい自分のことを疎かにしてしまいますよね。

それならぜひ一週間に一回くらいは自分のためにご褒美時間を作ってあげてください。

お昼寝をしてもいいですし、ちょっと高いデザートを買っても良いと思います。もちろん趣味の時間にするのもいいと思います。

自分にご褒美をあげるのがパートで週3がきついと感じた時の対処法なのか?と思うでしょう。

騙されたと思って、仕事などを頑張っている自分にご褒美をあげて疲れてしまっている心と体に栄養をチャージしてみてください。

もちろん気分転換にもなりますし、いたわった分だけ心が軽くなりますよ。そしたら、またパートにも家事育児にも気力が沸くのです。

ちなみに、私は身体が疲れてしまったら好きなアイスを食べながら漫画を読みます。漫画という現実から離れるので気分転換におすすめです。

まとめ

  • パートで週3の勤務をしてきついと感じるのは、日々のルーティン変更や、仕事を覚えるのが大変などがある。
  • パートで週3働くのはきつい事もあるが、その一方で旅行などの事前にわかっている予定があれば休みの希望を出して休んだりとスケジュールが立てやすい。
  • パートの日の朝や帰宅後など、時間の使い方次第では自分の時間を作ることができ、子供とのコミュニケーションをしっかり取ることができる働き方である。
  • パートで週3働いてみてきついと感じてしまったら、週3から週2へと勤務日数を減らしてもらったり、時短家電などの便利家電などに頼ったりすることも大切。
  • パートで週3働くことにをつらさを感じたときには、ほんの些細なことでもいいから自分にご褒美をあげて自分を褒める。

やはりパートといっても仕事ですから、きついこともあるし楽しいこともありますよね。

私もパートで働いていて、きついなあと感じることがよくあるのでここに書いてあるのは一例でしかないのはわかります。

ですが、せっかく働けるのですからきついなとばかり思ってしまっていてはもったいないです!

みなさんもパートで週3働くのがきついなあと感じたらできるだけ早めに対策をして、楽しい毎日を送ってほしいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました