クラブ33はスポンサー企業なら入れる?!その全貌と入店方法を解説

エンタメ
スポンサーリンク

「夢と魔法の国」として愛されている東京ディズニーランドと東京ディズニーシー。

大人も子供も日常を忘れて楽しめる夢の国、私も大好きな場所です!

実はそこに、もう一つの夢の国と言われている「クラブ33(サーティースリー)」なるものがあるのを知っていますか?

「クラブ33って何のこと?オフィシャルスポンサー企業の社員なら誰でも行けるの?」などディズニーファンの間でも謎は多いままです。

分かっているのは、クラブ33に入れるのはオフィシャルスポンサー企業の中でも特別な役職の人だそうです。

それなら自分には無理…と落ち込んだあなた。これからスポンサー企業の重役以外でも入れる条件や、クラブ33の全貌についてご紹介しますね。

謎のベールに包まれるほど気になるクラブ33。もう一つの夢の国、あなたものぞいてみませんか?

スポンサーリンク

クラブ33にスポンサー企業の中で入れる人

ディズニーファンの間でも謎のベールに包まれているクラブ33。

私も調べるまでは全く未知の情報で、こんな所があるなんて!と驚きでした。

公式ホームページやリゾートマップにも載っていないので、その実態はますます神秘性を増してくばかり。

いくら年間パスポートを持っていたり、ディズニーランドで多額のお買い物をしたりしても行けるわけではなさそうです。

ではクラブ33は何のこと?どうしたら入れるの?という謎がありますが、調べて分かったことがいくつかあります。

クラブ33は会員制の高級フレンチレストラン。そこに行けるのはオフィシャルスポンサー企業の中でも特別な立場の人だということです。

またオフィシャルスポンサー企業と取引があり、特別な役職の人から接待を受ける立場の方なら、招待されてクラブ33に行くこともできます!

オフィシャルスポンサーというのは、アトラクションに並んでいるときによく企業名を見かけませんか?あれがアトラクションのスポンサー企業です。

これは、パークに効果的な広告宣伝を出すことで、アトラクションの建設費や維持費を企業側が負担するものです。

ディズニーリゾート全体で現在27の企業が名を連ねており、誰もが目にしたことのある企業ばかり。

ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサーの企業はこちらになります。(50音順)

  • NTTコミュニケーションズ株式会社
  • 株式会社NTTドコモ
  • ENEOS
  • 花王株式会社
  • キッコーマン株式会社
  • キリンビール/キリンビバレッジ
  • 株式会社 講談社
  • JCB
  • 新菱冷熱工業株式会社
  • 第一生命保険株式会社
  • ダイハツ工業株式会社
  • 大和ハウス工業株式会社
  • 株式会社タカラトミー
  • NIPPON EXPRESSホールディングス株式会社
  • 日本航空
  • 日本コカ・コーラ株式会社
  • ハウス食品株式会社
  • Panasonic
  • BIPROGY
  • 富士フィルム株式会社
  • プリマハム株式会社
  • みずほ証券株式会社
  • 三井不動産株式会社
  • 株式会社 明治
  • 山崎製パン株式会社
  • UCC上島珈琲株式会社
  • 株式会社ユーハイム

クラブ33の場所や詳しい全貌はこちら!

ところでクラブ33とは、一体どんなところなのでしょう?

クラブ33は「会員制の高級フレンチレストラン」とお伝えしましたが、もう少し詳しく解説していきましょう。

公式のガイドブックにも載っていないその場所は、実はパークの中に!しかも人通りの多い所に入口があるのです。

ディズニーランドのゲートをくぐると、その玄関口でもあるワールドバザールエリアが迎えてくれます。

本当に世界中のお店を集めたような、たくさんのお店が立ち並び、グッズやお土産を買う人たちでいつもにぎわっていますね。

そのエリア内に位置する、三井住友銀行の左となりに入口は存在します。

入口には案内などありませんが、ガラス扉に刻まれた金色の文字「33」が目印となって輝いています。

その扉を見つけたら横にあるインターフォンを押して、予約した名前を告げると入ることができるそう。

もちろんそれ以外の人には扉を開けることすらできません。その特別感だけでワクワクしますね。

いざ中に入ると、そこは高級ホテルのロビーのようなたたずまい。ソファや椅子があり、また専用のキャストが歓迎し案内してくれます。

1階が入口になり、2階へ上がるとそこがレストランになっていて、ここも高級感にあふれた素敵な内装。

席に案内されると、普段はカーテンが閉じられていますが、花火やショーの時には開けられ食事をしながら楽しむことも!

エレクトリカルパレードの際にはレストランの照明が消され、優雅な気分でパレードを観ることができます。

メニューはフレンチのコースということで、ランチは10000~15000円、ディナーは15000~20000円。

またディズニーランドの中で唯一お酒が飲めるレストランで、特にワインについてはディズニーに縁のある特別なものが用意されているそうです。

ワインはディズニーリゾートの創始者であるウォルト・ディズニーの一族が現在経営しているカリフォルニアのワイナリーで造られたもの。

その味も品質も、米国の中でも最高級だそうですよ。こだわりを感じますね。

他にも、店内にはクラブ33限定のグッズが置かれているそうで、一例としてピンバッジやペアグラス、プレートの絵皿などがあるそうです。

そしてどのグッズにもしっかりと「33」の刻印があり、限定グッズならではの特別感が!

「限定」という言葉にファンは弱いですね…私はますます欲しくなってしまいました。

またバースデープランを予約すると個室でミッキーにお祝いしてもらえたりと、ディズニーファンにはたまらないですね。

入場の際には近くに停められる専用の駐車場や入り口があり、ランドに入場制限がある日でも入場可能とのこと。

入るためにドレスコードの指定はありませんが、高級フレンチレストランにふさわしい装いがいいですね。

男性の方ならえり付きのシャツ、女性の方ならフォーマルを意識したワンピースあたりでしょうか。

なお、クラブ33があるのはディズニーランドのほうだけで、ディズニーシーにはありません。

こんなに夢のような特典をそろえたクラブ33。最初に作られたのはカリフォルニアのディズニーランドでした。

当時ウォルト・ディズニーが特定のお客様をもてなすためにニューオリンズ・スクエアにレストランを作りました。

ウォルトの死後は会員制のレストラン、すなわちクラブ33になっているというわけです。

「クラブ33」の由来はニューオリンズ・スクエアの住所が33番地だからだそうです!素敵な理由があったのですね。

クラブ33があるディズニーランドは、世界中でもカリフォルニア、上海、そして東京だけなのよ。

クラブ33はスポンサー企業の社員では入れない

ディズニーファンにはたまらない魅力が詰まっているクラブ33。

オリエンタルランドのオフィシャルスポンサー企業の社員ならだれでも行くことができるのでしょうか。

答えは諸説ありますが「スポンサー企業の中でも社長や常務以上の役職をもつ人がクラブ33の会員になれる」という説が有力です。

残念ながら社員なら誰でも行けるわけではなさそうです。

社員が誰でも行けるなら、これほど秘密のベールに包まれることなく「行ってきました!」という話題がSNSにあふれそうですよね。

また社員の方がお友達にいて誰でも一緒に行けるなら、クラブ33は特別な場ではなくなってしまいます。

はるか遠い親戚にでも、そんな立場の人がいないかな?と私も考えましたが…もちろんNOでした!(笑)

あなたの周りにスポンサー企業の重役クラスの方はいないかしら?フフフ…。

スポンサーラウンジなら社員でも利用できる

オフィシャルスポンサーの社員でもクラブ33は利用できないと聞いて落ち込んでいるあなた!実は社員でも利用できる秘密の施設があるのです。

それは「スポンサーラウンジ」といって、オフィシャルスポンサーが運営するアトラクションをリッチな気分で楽しむことができる施設です

クラブ33ほどの豪華な特典はありませんが、アトラクションを優先的に乗れたり、フリードリンクが飲めるラウンジを利用できたり!

こちらもリゾートマップには載っていませんが、非公開のおもてなしルームといった所でしょうか。

ディズニーランドとディズニーシーのそれぞれのアトラクション内にあります。

スポンサーラウンジの入り口はアトラクションの雰囲気に溶け込むようにあるので、一見気づかないようですよ。秘密の入り口というわけです。

あらかじめ手に入れた招待券を見せるとラウンジに入ることができます。

ラウンジ内はフリードリンクが飲めたり、オリジナルグッズやステッカー、その企業の関連グッズなどがもらえたりもするそうですよ。

またパークを歩いて疲れた身体も、ゆっくりラウンジで休めることができたら嬉しいですね。

そしてアトラクションには優先的に乗れるので、何時間も待っているお客さんを尻目に、待ち時間ゼロで乗れるそう!これは嬉しいですね♪

ではスポンサーラウンジは、スポンサー企業の社員でないと利用できないのでしょうか?

調べてみると、一般の人でも利用できるチャンスはあるようです。

分かる範囲ですが、調べた内容をまとめてみますね。

スポンサーラウンジを利用できる人
  • スポンサー企業の社員とその家族
  • スポンサー企業の取引先の顧客
  • JCBのゴールドカードを所有している人
  • JALのクリスタル会員
  • 第一生命のラウンジ対応の保険に入っている人

スポンサー企業の社員や家族、取引先の顧客として利用するには、コネやつながりがないと難しいですね。

では一般の人でも可能性のある残りの3つについて、もう少し詳しくお伝えします。

JCBのゴールドカードを所有している人

JCBは次のアトラクションのオフィシャルスポンサーになっています。

「スターツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」(ディズニーランド)

「ニモ&フレンズ・シーライダー」(ディズニーシー)

ゴールドカードを手に入れるための審査基準を調べてみると「20歳以上の学生で安定継続収入のある方」という条件が求められるそうです。

ただゴールドなので、アルバイトくらいの収入では審査に通過するのは難しそうですよ。

ちなみに年会費として11000円(税込)かかることになります。

JALのクリスタル会員

飛行機でおなじみのJALがオフィシャルスポンサーをつとめるアトラクションはこちらです。

「ブロードウェイ・ミュージックシアター」(ディズニーシー)

JALのマイルが貯まるJMBのクリスタルになるには、1年間でJALマイルを一定以上、獲得する必要があります。

JALカード所有者で飛行機をよく利用する人は、ぜひご検討を。

第一生命などでラウンジ対応の保険に入っている人

第一生命がオフィシャルスポンサーになっているアトラクションはこちらです。

「ビッグサンダー・マウンテン」(ディズニーランド)

「センター・オブ・ジ・アース」(ディズニーシー)

ラウンジを利用するには2つの方法があるそうですよ。

1つめは、担当のセールスレディから予約をお願いする方法。ただし、これは抽選制になります。

2つめは、アプリやネットから予約する方法。条件としてアプリから予約するには、年間30万円以上の保険を払っている方のみが対象になります。

いかがでしょうか。スポンサーラウンジも、ちょっとした贅沢を感じられる魅力がありますね!

とくにアトラクションに待たずに乗れるのが、私としてはうらやましい限りです。

スポンサー企業の社員を目指すか、自力で入れる条件を手に入れるか、あなたならどうしますか?

クラブ33にスポンサー企業以外でも入れる条件

クラブ33は、一時は会員を募集していたというウワサもあったり、年会費がウン万円?というウワサもあったりしました。

でも残念ながら、現在は募集もしておらず、年会費のこともはっきり分かっていません。

それならスポンサーラウンジも無理だし、スポンサー企業に知り合いもいないし。

クラブ33なんて遠い夢の国…とあきらめたあなた、まだ可能性はゼロではありません。

スポンサー企業の重役でなくても、クラブ33に入れると思われる条件はいくつかありました。調べてみた条件はこちら!

  • オリエンタルランドの役員
  • アトラクションのメンテナンス業者
  • パーク内のショップに商品を卸す業者
  • 芸能人やマスコミ関連の人
  • 大株主
  • 地元の有力者

少しハードルが高いかもしれませんが…このような方と知り合いだったり仕事上で取引があったりすれば、クラブ33に招待してもらえる可能性もあります。

オリエンタルランドの役員

東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランド。普通の社員では無理かもしれませんが、役員なら入れる可能性が高いです。

アトラクションのメンテナンス業者

日頃からパークの運営に大きく関わるアトラクション業者の役員なら、接待としておもてなしを受けることもあるでしょう。

パーク内のショップに商品を卸す業者

こちらも、パークの運営に欠かせない大切な取引先ですね。優遇される立場であることは間違いないでしょう。

芸能人やマスコミ関連の人

例えばディズニー映画の吹き替えをしてくれた芸能人やディズニーマニアの有名人なども、クラブ33で接待を受けているというウワサも。

同じく放送業界やマスコミで、ディズニーのPRに貢献してくれた人も可能性はありますね。

大株主

先ほどのオリエンタルランドの株主になれば、株主優待でクラブ33に入れるかも!と思いますが、法人クラスなら可能です。

なぜなら個人クラスの投資ではオリエンタルランドの株を買う場合、億単位のお金が必要になるそうです(汗)

地元の有力者

デイズに―ランドがある千葉県浦安市。その地元の浦安市議会議員、浦安市長、千葉県知事あたりの立場の方なら、優遇されるという憶測も。

いかがだったでしょう。少し非現実的な条件になってしまったかもしれませんが…。

本気でクラブ33に行ってみたいディズニーマニアの方なら、検討する価値はあるでしょう。

そして、カリフォルニアのディズニーランドなら会員を募集しているというウワサも舞い込んできました!

ただ数百万円の入会金と年会費がかかる上、2030年代までの順番待ちだそうです…。さらに遠い夢の国になったなんて言わないでくださいね。

芸能人、大株主、千葉県知事、カリフォルニア、どの方法が近道になりそうでしょう?!

私ならカリフォルニアに行くのを選ぶわね。

クラブ33はディズニー最上級のおもてなし

東京ディズニーランドは1983年4月に浦安の地に開園しました。

元々は漁氏の街として栄えていた浦安市でしたが、環境汚染により漁業ができなくなりました。

そして自慢だった広大な浅瀬を埋め立てて、現在のディズニーリゾートが造られたそうですよ。

今でもご存じのとおり、ディズニーリゾートは夢の国として日本中の人々から愛されていますね。

私も子供のときに訪れて以来、今まで数えきれないほど行きましたが、何度訪れても幸せな気持ちになれる特別な場所です。

ウォルト・ディズニーの「ディズニーランドは永遠に完成しない。世界に想像力がある限り、成長し続けるだろう」という言葉があります。

その言葉通り、これからも新しい発想と創造力で私たちに夢の世界を見せ続けてくれることでしょう。

元々クラブ33は、ディズニー設立時に多大な功績のあった関係者をもてなす場として作られました。

そこにはどんなに発展しても、お世話になった人に感謝を忘れないウォルトの気持ちが込められている気がしませんか。

クラブ33は、ウォルト・ディズニーからの最上級の感謝を表すプレゼントなのかもしれません。

まとめ

  • クラブ33は会員制の高級フレンチレストラン。オフィシャルスポンサーになっている企業の中でも、社長や常務以上の立場の人でないと行けない。
  • クラブ33はオフィシャルスポンサー企業の社員でも入るのは難しいが、スポンサーラウンジなら行ける可能性がある。
  • クラブ33はオフィシャルスポンサー企業の重役以外なら、取引先や大株主、地元の有力者でも行ける可能性がある。

いかがだったでしょう。クラブ33の全貌が分かれば分かるほど、憧れも強くなってしまいますね。

でも、そんなもう一つの夢の国を想像しただけで、ちょっとワクワクした気分になりませんか?

ディズニーランドもクラブ33も、私たちに夢を与えてくれる素敵な場所であることは間違いありません♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました