筋トレでポジティブになるのは本当!ホルモンとの関係や理由も解説!

生活
スポンサーリンク

あなたは今まで筋トレをしたことがありますか?

私は以前に筋トレをしていて、腹筋を割る!という目標を立てていた時期もありました。

筋トレをしてから身体を動かすのが好きになり、ウォーキングは今でも続けています。

そして筋トレをすると気持ちもポジティブになる気がしませんか?

実は、筋トレをするとポジティブになる脳内ホルモンが分泌されるのです。メンタルも安定しストレスも軽減されることが分かっていますよ。

記事では、自宅でもできる筋トレのおすすめ動画や本もご紹介しますね。

筋トレでポジティブになる上、身体もメンタルも最強になれたら、毎日の生活も前向きに変わりそうですよ♪

スポンサーリンク

筋トレでポジティブになるのは本当だった

筋トレはマッチョな男性のものだけでなく、ここ数年、女性もダイエットや健康のため筋トレで身体をきたえるようになりました。

背景には、ダイエットといってもただ細いのではなく、メリハリのある健康的なボディラインを目指す女性が増えていることがあります。

私もそんなキレイなボディラインを目指すべく、家で動画を観ながら筋トレに励んでいたこともありました。

でも筋トレとポジティブになることって関係あるの?

筋トレをして身体をきたえることと、精神面がポジティブになることは、私も関係がないと思っていました。

ところが筋トレをすると脳内ホルモンが分泌され、気持ちもポジティブになることが分かりました!

なんと筋トレをすることで、うつ病の発症も予防できるという研究結果もあるそうです。

身体と心はつながっていると言いますが、まさにその通りですね。

どちらも健康であってこそ、充実した毎日が送れます。

では筋トレにより気持ちまでポジティブになれるホルモンとは一体何なのでしょう?詳しくみていきましょう。

筋トレでポジティブになれる3つのホルモン

筋トレをするだけでポジティブになれるホルモンって出てくるの?

筋トレをすることで分泌される脳内ホルモンにより、意欲向上や幸福感、メンタルの安定も手に入れることができ、ポジティブになれるのです!

筋トレをすることで身体から分泌される脳内ホルモンは主に次の3つになります。

  • テストステロン
  • セロトニン
  • ドーパミン

「テストステロン」というホルモンは初めて聞きましたが、強そうな名前ですね。では1つずつみていきましょう。

テストステロンは強い筋肉とメンタルを作るホルモン

男性ホルモンと言われるテストステロンは、骨格を強くし筋肉を作る効果があるホルモンです。

また物事に対する意欲向上や、競争心を高められる効果もあるそうなので、日々のモチベーションもアップしそう!

テストステロンはハードな筋トレを行うことで多く分泌されるそうです。

逆にストレスや体重の増加、年齢を重ねることで分泌量が低下してしまうとか。

テストステロンの分泌量が少なくなると、うつや意欲の低下を引き起こしたり、筋肉が作られにくくなったりします。

そのため、筋トレを継続してテストステロンを分泌し続けることが理想的ね!

なお女性でも、男性の5~10%ですが、わずかな分泌はあるそうです。

 

セロトニンは精神安定剤となるホルモン

セロトニンは通称「幸せホルモン」とも呼ばれ、自立神経の調子を整え、精神を安定させ感情のコントロールを行う働きがあります。

そのため、日々のストレスにより分泌量が減ると、うつなどの精神疾患を発症しやすくなります。

筋トレをすることにより、セロトニンの分泌を増やし、ストレスに耐えられる強いメンタルを目指したいですね!

またセロトニンは、良質な睡眠につながるメラトンという物質も作り出します。

筋トレによりセロトニンを多く分泌させ、夜はしっかりと眠ることができます。

すると翌朝の目覚めもスッキリし、また筋トレに励む!という好循環ができたらいいですね。

ドーパミンは幸福感とポジティブさをもたらすホルモン

ドーパミンも「幸福物質」とも呼ばれるほど、分泌されることでモチベーションが上がり、ポジティブ思考になれる素晴らしいホルモンです♪

トレーニングで汗をかいたあとは、疲れているけれど気分がスッキリしていませんか?

これもドーパミンがたくさん分泌されているおかげなのです!

そのスッキリした爽快感や充実感のおかげで、また明日も筋トレをしたい!という思考になり、身体を動かすことが楽しくなっていきます。

これら3つのホルモンの役割はお分かりいただけたでしょうか。

そしてそのホルモンが分泌されポジティブになると、行動もこのように変わってくることでしょう。

【ホルモンの分泌により期待されるポジティブな行動】

筋トレをしてホルモンが分泌され、意欲が向上する

「もっとこうなりたい」とトレーニングに励み理想の体型へ

変わっていく自分に自信がつき、さらに高めようと積極的な行動へ

筋トレでますますポジティブになる

このようないいサイクルができれば、理想的ですね!

そんなにがんばれるか不安…という人ほど、ぜひ筋トレでポジティブ思考を手に入れてほしいわ!

また、筋トレと組み合わせて有酸素運動を行うと、幸せホルモンがより多く分泌されるそうです。

余裕がある方は筋トレの前後に、ウォーキングやジョギングなどを入れてみてくださいね!


筋トレでポジティブになるのはこんな理由もある

筋トレをすることでポジティブになれるホルモンのお話をしました。

実はその他にも、筋トレをするとポジティブになれるいくつかの理由があったのです。

筋トレでポジティブになれる理由はこちらです!

筋トレでポジティブになれる理由
  • 体型が変わり自分に自信がもてる
  • 筋トレによりストレスが軽減する
  • 基礎代謝が上がり脂肪を燃焼しやすい身体になる
  • 血流がよくなり肩こりや痛みから解放される

体型が変わり自分に自信がもてる

筋トレをして一番効果が表れるのは、体型の変化ですよね。

腹筋が割れてきた、太ももが引き締まってきた…など、目に見える変化があると嬉しく、筋トレが楽しくなります!

そうなると、次はここをきたえたい、もっと理想のメリハリボディになりたい!と意欲がわきポジティブになれます。

私もある日、たるんだ自分のお腹を鏡で見て許せなくなり、筋トレで引き締めてやる!と決意しました。

それから筋トレを実践し、うっすら筋肉がついて引き締まってきたお腹を鏡で見ては、一人でニヤニヤと…(笑)

すると、この体型を維持したいと思うようになり、食べるものにも気を付け始めました。

インスタント食品はなるべく控えたり、身体にいいものを探して取り入れたり。

体型を維持できるようウォーキングも始め、健康的な毎日を意識するようになりました。それは今でも継続しています。

理想の体型に近づくことで自分を好きになり、さらに筋トレをして自分に自信をもてたら、とても素敵なことですね。

筋トレによりストレスが軽減する

先ほど「テストステロン」や「ドーパミン」などのホルモンの働きで、筋トレをするとポジティブになれる仕組みをお話しました。

これらのホルモンは、不安やネガティブな気持ちからくるストレスを軽減してくれる効果もあると言われています!

もし嫌なことがあっても、筋トレをすれば「自分にとってはプラスになる出来事だ」「また明日からがんばろう!」というポジティブ思考になります。

仕事でストレスがたまっていても筋トレで身体を動かしたら、ドーパミンのおかげで終わるころには嫌なことも忘れられそうですよね。

ストレスに負けない強いメンタルを作ってくれるのも、筋トレの大きな効果と言えるでしょう。

基礎代謝が上がり脂肪を燃焼しやすい身体になる

年々代謝が悪くなって、何をしても痩せないのよね。

少しくらい運動やダイエットしても何も変化がない自分の体型を見ると、がっかりしますよね…。

効果的に痩せたいなら、基礎代謝を上げ、脂肪を燃焼しやすい体質に変えていくのが近道です。

基礎代謝量は女性の場合12~14歳がピークになり、その後は歳を重ねるとともに代謝量は減少していきます。

でも筋トレをすると、筋肉を作り出すときに基礎代謝のエネルギーを多く使うため、代謝量がアップします。

そうなると脂肪を燃焼しやすい身体になり、痩せやすい体質に変化していくというメリットが!

痩せやすい体質に変わったら、運動や筋トレの効果も目に見えやすく、トレーニングも楽しくなりますね♪

その中でも「大きい筋肉」と呼ばれるお尻から太ももの筋肉をきたえると、基礎代謝量を上げるために効果的と言われています。

基礎代謝量を上げるには、スクワットがおすすめよ!

血流がよくなり肩こりや身体の冷えが改善する

身体のどこかに痛みがあると、どうしてもネガティブな気持ちになってしまいますよね。

一日中パソコンやスマホと向き合う現代人の身体は、血流も悪くなり、肩こりや目の疲れが取れない状態です。

私も肩や首のこりが取れず、ひどいときは悪化して頭痛になると、何をしても気分がすぐれません…。

そこで、筋トレをして継続的に筋肉を動かすと全身の血行がよくなり、肩こりにも効果的!

さらに末端の毛細血管まで血のめぐりがよくなり、冷え性が改善されることも報告されています。

一日の大半をデスクワークで過ごすときは意識的に身体を動かし、可能なら筋トレを取り入れ、全身の血流をフル回転させましょう!

このように筋トレは身体も心も元気になるけれど、気を付けてほしいこともあります。

筋トレをした直後は、身体も興奮状態になっているそうです。

そのため、寝る3時間前までには筋トレを終わらせましょう。

そのあとはゆっくり音楽を聴いたり、お風呂に入ったりしてリラックスタイムを過ごせば、スッと心地よい眠りに入れますよ♪

また筋トレに励むあまり毎日行なってしまうと、筋肉が回復できずダメージのほうが大きくなってしまいます。

最初は1週間に1回、慣れてきたら週に2~3回が適切な回数と言われています

筋トレでポジティブになると自分に自信がつく

もしこれから筋トレを始めるあなたは、なりたい自分や理想の姿をイメージし目標を立ててみましょう。

筋トレで自分の立てた目標を達成したとき、ポジティブな気持ちと自分への自信がもてるようになります。

ウェストを何㎝にする、太もものラインをきれいにする、などなんでもいいです。

期限を決めて、3か月後、半年後…と設定してもいいですね。

始めるときは、自分の姿を写真に撮っておくのもおすすめですよ!

私もたるんだお腹を写真におさめ、時々見比べては、ほんのちょっと筋肉のついたお腹に自己満足しながら筋トレをしていました♪

自分に自信を持つことが、何よりのポジティブエネルギーよね!

目標を達成できたら、自分をたくさん褒めてあげましょう。

ご褒美に、新しいトレーニングウェアを買おう!というのもおすすめです。

筋トレは、がんばった分だけ目に見える身体の変化があり、自分に自信をもてるチャンスとも言えるでしょう。

筋トレを始めたいあなたにおすすめの動画

実際に筋トレを始めてみたいけれど、わざわざジムに入会するのはハードルが高いと思う人もいますよね。

まず人に見せられる体型にならないと、ジムに行ける自信もないわ…。

そんなあなたには、自宅でも筋トレができるおすすめの動画をご紹介します♪

竹脇まりなさんのこちらの動画は、初心者でも取り組みやすい内容になっています。

しかも時間が3分と短いながら、効果がある筋トレを取り入れていますよ。

親しみやすく明るい笑顔にのせられて、私も楽しく筋トレをしていました♪

家でこっそり筋トレをして、自信も筋肉もつけちゃいましょう!

筋トレをがんばりたいあなたにおすすめの本

「超 筋トレが最強のソリューションである~筋肉が人生を変える超・科学的な理由」

最初にこの本の著者を知ったのは、Twitterでした。

いつもポジティブで背中を押してくれるつぶやきに始まり、読んでいくと筋肉に対する半端ない愛情が込められていました。

著者の方はその名も「Testosterone」(テストステロン)さん。あれ?どこかで聞いたことがありませんか?

そうです!「筋肉を作るホルモン」としてご紹介した、テストステロンをお名前に掲げるほど、筋肉と筋トレを愛する方です。

なんでも、会社の社長さんという肩書もありながら、正体は謎のままです。

Testosteroneさんが書いたこちらの著書も、筋トレを通して人生を前向きに、明るく変えていくヒントがたくさんありますよ。

筋トレを続けていくためのモチベーションを上げたいあなたに、ぜひおすすめです。

まとめ

  • 筋トレをすることで分泌される脳内ホルモンは「テストステロン」「セロトニン」「ドーパミン」の3つである。
  • ホルモンの分泌により強い筋肉が作られ、精神の安定がもたらされることで、前向きでポジティブになるメンタルが期待される。
  • 筋トレでポジティブになる理由は他にも、体型が変わっていく喜び、ストレスの軽減、基礎代謝が上がり脂肪燃焼しやすい身体になることが挙げられる。
  • 筋トレをすることでポジティブになると、自分に自信をもつことができる。

先ほどのTestosteroneさんがよく言っている言葉に「恋人は裏切っても筋肉は裏切らないぞ!」というのがあります。

この記事を書いていて、「筋肉は裏切らない」という言葉がまさに筋トレの極意を表わしていると思いました。

筋トレで筋肉をきたえた分だけ、身体は理想の体型になり、ポジティブなメンタルを手に入れることができます。

私も久しぶりに筋トレを再開したくなりました!あなたも始めてみませんか?


コメント

タイトルとURLをコピーしました