還暦祝いは59歳でしてもいい?!プレゼントの選び方やアイディア

生活
スポンサーリンク

あなたの周りにもうすぐ60歳を迎える方はいますか?60歳になったら還暦のお祝いができますね!

でも待ってください。少し早めて59歳でお祝いしてもいいのでしょうか?!

正式には59歳と60歳のどちらなの?

今と昔でお祝いする年齢が違うのは、数え年と満年齢の違いによるものだそうですよ!また「満60歳の誕生日にあたる年」ならば59歳でお祝いしても大丈夫です。

さらに、還暦祝いのプレゼントとして何が喜ばれるのか?男性、女性、会社の上司など贈る相手のことを考えた、おすすめのプレゼントをご紹介します!

また思い出に残るお祝いとして、みんなで食事会や旅行なども素敵ですね。

他にも、喜んでもらえそうなお祝いのアイディアもいくつかありますよ。

還暦を迎えた方、そして周りの方たちにも、心に残る素敵なお祝いができますように♪

スポンサーリンク

還暦祝いは59歳より60歳でするのが主流

お父さんが今59歳だけれど、還暦のお祝いってどのタイミングでやるものなの?

現在、還暦のお祝いは満年齢の60歳になるお誕生日、またはその前後の日に行うことが主流です。

「数え年」という言葉を聞いたことがありますか?昭和30年(1955年)ごろまでは、数え年の61歳のお正月(元旦)に還暦祝いをしていました。

しかし現在では「満年齢」で歳を数えることが一般的となっているため、分かりやすく60歳の誕生日前後にお祝いをすることが主流になっています。

でもどちらの年齢でお祝いをしても間違いではないそうです。

「数え年」と「満年齢」の違いについて、もう一度確認してみましょう!

「数え年」

生まれた日をすでに「1歳」ととらえ、次の元旦が来たら1つ歳を取るという数え方です。

暦も1月から始まるなど、昔は0(ゼロ)という概念がなかったためと言われています。

「満年齢」

生まれた日を「0歳」と考え、次の誕生日が来たら1つ歳を取るという現代の数え方です。

こちらの数え方のほうが、現代人には分かりやすいですね。

還暦祝いは59歳で行っても大丈夫

そして59歳でお祝いをしてもいいのか?という疑問についてです。

昔の「数え年の61歳」とは、言い換えると「満60歳の誕生日にあたる年」になりますね。

その一年間の間なら、お誕生日が来る前の59歳のうちにお祝いしても大丈夫のようですよ。

今は核家族が多くなり、家族でも離れて暮らしているケースも多いですね。

年齢にこだわらず、連休や年末年始など、家族が集まりやすい時期のほうがたくさんの人にお祝いしてもらえ喜ばれることでしょう!

還暦に赤いちゃんちゃんこを着る理由を紹介

還暦祝いといえば「赤いちゃんちゃんこ」を着たり「赤いもの」を身に着けたりすると言われていますが、なぜでしょう?

それは還暦が「60年で生まれた年の干支に一巡して戻る」ことから「暦」が「還る(かえる)」という意味があるからです。

生まれた年に戻るので、赤ちゃんに戻る→魔除けと言われた赤い産着を身に着ける、という意味から赤いものを贈る習慣が生まれたそうですよ。

また、昔は数え年でお正月に還暦祝いを行っていたため、寒くないよう防寒着としてちゃんちゃんこが贈られるようになったという説があります。

そして、平均寿命がここまで長くなかった昔の時代では、60歳まで生きることは素晴らしい長寿の証でした。

でも平均寿命が80歳を超えた現代では、60歳なんてまだまだ若い!という感覚ですね。

還暦は「第二の人生のスタート」と言われているよ。

還暦祝いのプレゼントで喜ばれるものはこちら!

還暦を迎える方がいたら、お祝いの気持ちを表すのにどんなプレゼントがいいか考えますね。

還暦祝いにはどんなものを贈ったら喜ばれるのでしょう?

それは「実用的なもの」や「使ってほしいもの」、「記念になる特別なもの」がおすすめです!

今の60歳の方は、まだまだ元気で行動的な方も多いです。そんな方に喜ばれそうなもの、第二の人生のスタートにふさわしい明るい気持ちにつながるものを選びましょう。

還暦祝いのプレゼント予算の目安

ではプレゼントを考えるとき、みんなどのくらいの金額のものを贈っているの?と気になりますね。

それは贈る相手により、次の金額が目安になります。

  • 両親(義父母)…20000~50000円
  • 兄弟・姉妹…5000円~20000円
  • 上司・恩師・先輩…5000円~20000円
  • 連名で贈る場合…一人3000円~5000円

これは一般的な相場になりますので、一つの目安としてお考えください。

あなたの無理のない範囲で、お祝いの気持ちがこもっていれば十分だと思います!

また、プレゼントに熨斗(のし)を付ける場合、表書きは「祝還暦」、水引は「紅白の蝶結び」を選びます。

還暦は第二の人生のスタートとなるお祝いの日なので「何度祝ってもよい=何度でも結びなおしができる」蝶結びを選びましょう。

喜ばれるおすすめプレゼント男性編

還暦を迎えた男性の方はどんなプレゼントが喜ぶのでしょう?男性へのプレゼントはあまり経験がなく、何が良いのか分からず悩む方もいるかもしれませんね。

まだ若々しいお父さんや男性の方に、おすすめのプレゼント5選はこちら!

  • 記念日新聞付き名入れ酒
  • お酒のグラスやタンブラー
  • ゴルフ用品
  • 洋服(ポロシャツ・ベストなど)
  • 文字盤が赤の腕時計

記念日新聞付き名入れ酒

贈る方の名前やメッセージを入れたお酒だけでも喜んでもらえそうですが、60年前の誕生日の新聞も付いているそうです!

日にちは誕生日に限らず、心に残る記念日など、どんな日でも選べるそうですよ。

自分が生まれた日の新聞が読めるなんて感激だな~。

記念日にどんなことがあったのか、どんな時代だったのかが分かる新聞。これは周りの人も一緒に読んで盛り上がりそうですね!

お酒のグラスやタンブラー

還暦を迎える世代の男性は、お酒の好きな方も多いですよね。

ビールの好きな方には、泡立ちと冷たさをキープできるタンブラー。

焼酎が好きな方なら、重厚感のある陶器のグラスや、水割りもお湯割りでも飲めるステンレス製のグラスなど。

日本酒が好きな方なら、高級感あふれる切子(きりこ)のグラスなどいかがでしょう。

還暦祝いで探すと、名前を入れてくれるところもありますよ。

自分の名前の入った特別なグラスで、のんびりお酒を楽しんでほしいですね♪

ゴルフ用品

ゴルフが趣味という男性も多いのではないでしょうか。

還暦を迎えてもアクティブな男性には、ゴルフ用品をプレゼントするのもおすすめです。

ゴルフといえばクラブを思い浮かべますが、クラブは人によりこだわりや好みがあるようなので、クラブ以外のゴルフグッズを選びましょう。

例えば、ゴルフウェア、ゴルフボール、グローブなどが実用的です。

その中でも私がおすすめなのは、オーダーメイドできるゴルフグローブです。

以前ゴルフが大好きな父に贈ったところとても気に入ってくれ、リクエストにより二代目もプレゼントしました!

革の手触りと名前入りの特別感、オーダーメイドならではのフィット感が抜群だったそうです。

まずオーダーシートが送られてくるので本人の手型を取って返送し、それに合わせて作るため日にちが約1ヶ月以上かかります。

もしお祝いの日にあわせてグローブを渡したい場合は早めに注文するといいですね。

洋服(ポロシャツ・ベストなど)

オシャレ好きな男性には、洋服を贈るのも喜ばれますね。

赤いちゃんちゃんこは年寄りみたいで嫌…という場合も、赤いポロシャツやベストなら普段にも着られるのでおすすめです。私も父の還暦祝いには赤いベストを贈りました!

赤といっても、ワインレッドやバーガンディなど落ち着いた色味のほうが、抵抗なく着られて良いかと思います。

文字盤が赤の腕時計

行動派のアクティブな男性には腕時計も喜ばれそうです。

還暦にちなんで文字盤が赤い腕時計もあるようですね!さらに文字盤の裏に、名前や贈った日付など入れられるサービスも。

こちらも赤といってもワインレッドに近く、大人の男性らしい落ち着いた雰囲気です。

喜ばれるおすすめプレゼント女性編

女性も還暦とはいえ、まだまだ行動的で明るく元気なイメージがあります。

お友達とのランチや趣味に忙しい女性も多いのではないでしょうか。

そんなアクティブで若々しいお母さんや女性の方に、おすすめのプレゼント5選はこちら!

  • 花・フラワーギフト
  • アクセサリー
  • 財布
  • 赤がポイントのおしゃれ腕時計
  • マッサージクッション

花・フラワーギフト

女性ならもらって嬉しくなるフラワーギフトはいかがですか。

女性が好きなお花を選んでボリュームたっぷりの花束を贈っても、特別感があり喜ばれそうですね。

また記念に取っておきたい…という方にはプリザーブドフラワーもおすすめです。

プリザーブドフラワーは、長く楽しめるから嬉しいわ。

還暦ということで赤い花をモチーフにしたプリザーブドフラワーはいかがでしょうか。

こちらはメッセージや名入れもでき、写真も入れて楽しめるようです。

アクセサリー

アクセサリーなら「いつまでもキレイでいてね」という想いが伝わりそうですね。

還暦祝いには、赤い宝石の入ったアクセサリーがおすすめですよ。

赤い色には先ほども書いたように「魔除け」の意味もあり、またエネルギーを表す色でもあります。赤い宝石からは生命力を感じられそうですよね。

赤い宝石は「ルビー」「ガーネット」が代表的です。赤い宝石の入ったネックレス、ピアスなどを贈ってみてはいかがでしょう。

また上品さの感じられる「パール(真珠)」の石言葉には、健康・長寿というものもあるそうです。

パールの入ったアクセサリーも、まさに還暦のお祝いにピッタリですね!

財布

お財布ならまさに実用的なアイテムですし、なかなか自分では買えないような上質なものをプレゼントすると喜ばれそうです。

女性の好きなブランドの財布や、手触りの良い本革の財布もいいですね。

また長財布やコンパクトな折りたたみタイプの財布など、最近はキャッシュレス化も進み、財布の大きさも人それぞれです。

出来たら女性の好みを聞いて、ぴったりなものを贈ってあげられるといいですね。

赤がポイントのおしゃれ腕時計

還暦にふさわしい赤がポイントの腕時計。こちらも男性と同様、落ち着いた色味の赤を選ぶと良いでしょう。

もちろん赤でなくても、お好みの色の腕時計でも喜ばれますよね。

まだまだアクティブに動き回りたい女性の手元に、おしゃれな腕時計いかがでしょうか。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

マッサージグッズ

元気な還暦世代でも、時には疲れることもありますね。そんな女性にマッサージグッズを贈るのはいかがでしょう。

お家でいつでもマッサージできたら嬉しいですし、なかなか自分では買わない健康器具や美容グッズなどもおすすめですね。

疲れた身体を癒して日々を元気に過ごしてもらいましょう!

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

喜ばれるおすすめプレゼント上司編

還暦を迎える上司の方は、同時に退職の時でもあるかもしれませんね。

お疲れ様でしたという気持ちや今までの感謝を込めて、メッセージカードも付けたら気持ちも伝わりそうです。

男性・女性どちらの上司でも喜ばれるおすすめプレゼント3選はこちら!

  • 花束
  • スポーツウェア
  • 名前詩

花束

普通の花束でもいいですが、還暦祝いに深紅のバラ60本…なんてドラマティックですね!

華やかで特別感もあり、贈ったら驚きと共に喜んでもらえそうです。

一つ気を付けたいのは、仕事先から持ち帰るのが車なら良いですが、電車などの交通機関だと大きくて重さもあり大変そうですね。

その場合はご自宅に郵送させてもらうのがおすすめです。

スポーツウェア

健康意識の高い60歳の方なら、ウォーキングやジョギングなど身体を動かすことを日常から習慣にしているかもしれません。

もし退職なさる方なら、時間にゆとりもできるので何かスポーツなど始めるかも。

そんな方に、おしゃれなスポーツブランドのウェアは喜ばれると思います♪

名前詩

贈る方の名前を入れて作った詩がデザインされている「名前詩」。ネームインポエムともいうそうです。

これまでの感謝や、今後の活躍を祈るメッセージを入れたオリジナルの名前詩は、きっと上司も感動してくれることと思います!

私も両親へ記念日に贈ったことがありますが、とても感激して喜んでくれました。

還暦祝いに送ってはいけないプレゼントの例

では逆に還暦祝いに送ってはいけないものはあるのでしょうか?調べてみると、昔からタブーとされているものや縁起に関わるものは避けたほうが良さそうです。

年寄り扱いしたもの

まだまだ若々しい60歳の方に、良かれと思って老眼鏡や補聴器などを贈るのは「年寄り扱い」していると受け取られてしまうことも。

先ほどご紹介した赤いちゃんちゃんこも、人によっては「年寄りみたい」と嫌がるそうです。

ただ、これらは本人からリクエストがあった場合は送っても大丈夫ですよ!

もしも贈りたいと考えているなら、ご本人に相談してみるのも良いかもしれません。

靴、靴下、下着敷物

踏んだり、敷いたりするものは「踏みつける」「あなたを下に見ている」という意味が含まれるため、避けましょう。

かばん、文房具

一見良さそうなものに思いますが「勤勉であるように」という意味があるため、目上の人に贈るのは失礼にあたります。

日本茶

これも喜ばれそうですが、日本茶は弔事の際の贈り物として使われることが多いため、お祝いとしては避けましょう。

ハンカチ

ハンカチは漢字の場合「手巾(てぎれ)」と書き、手切れや縁切れを連想させるため、お祝いの品としては不向きです。

還暦祝いは旅行や食事会で忘れられない思い出に

還暦祝いには、素敵な「思い出」をプレゼントする方法もあります。

ここでは、旅行や食事会などでお祝いする方法、その他喜んでもらえるお祝いのアイディアをご紹介します!

きっと喜んでもらえる、おすすめの還暦祝いアイディア5選はこちら♪

  • 旅行
  • 食事会
  • 写真撮影
  • 体験型ギフト
  • サプライズムービーを作る

旅行

これは喜んでもらえるプレゼント№1ではないでしょうか♪

還暦の記念として、また退職したらゆっくり旅行でも…と考えていたお父さんなど、良い思い出になりますね。

旅行は「旅行券をプレゼント」するパターンと「家族で一緒に旅行にいく」パターンがあり、どちらでも良いと思います。

旅行券をプレゼントすれば、好きな所を選んで気兼ねなく行ってもらえます。

家族旅行も良い思い出ですし、もし孫と一緒の三世代での旅行なら最高だと思いますよ!

孫と一緒に旅行ができるなんて夢のようだわ♪

最近は還暦祝いプランを用意している宿もあり、特典があったりお得に宿泊することができたりするので事前によく調べてみてくださいね。

もし三世代での宿泊で小さいお子さんがいるなら、無理のないスケジュールを立てましょう。

温泉宿なら畳と温泉で、ご両親にもゆっくりくつろいでもらえそうですね!

食事会

還暦の記念に、レストランやお気に入りのお店での食事会も人気です。

個室を選んでゆっくり話しながらお食事するのもいいですね。せっかくの記念日、ホテルの中のレストランも高級感を味わえて素敵です。

還暦を迎える人の好みを聞きながら、リサーチしてみましょう。還暦祝いのプランを用意しているお店もありますよ。

また花束やプレゼントを渡したい場合は、お店のほうに相談しておけば協力してくれることでしょう。

もちろん、家での食事会も気兼ねなく楽しむことができ、おすすめです!

家で食事を作る場合、還暦祝いに縁起の良い食べ物は「祝い鯛・エビ・赤飯・紅白なます・ちらし寿司」などがあるわよ♪

作る手間はかかりますが、何より喜んでもらえそうですよね♪

そこにお祝いのケーキをプラスしてもいいですし、さらに還暦の方の「似顔絵ケーキ」をオーダーすれば盛り上がること間違いなし!

家族ならではの温かい雰囲気の中でお祝いしてもらうことは、忘れられない還暦記念日になることでしょう。

写真撮影

還暦の記念をキレイな写真で残すのもおすすめですよ。

今やスマホのカメラでもキレイな写真は撮れますが、やはりスタジオでプロのカメラマンに撮ってもらった写真は美しさが違います!

スタジオによっては、赤いちゃんちゃんこを貸してくれるサービスもあるようです。

夫婦二人で撮るもよし、「恥ずかしいな~」というお父さんには家族みんなで撮れば、楽しい雰囲気の中で笑顔あふれる写真が撮れそう。

大人になると改まって写真を撮る機会が少なくなるからこそ、ぜひ還暦という節目に写真を撮って形に残すのはいかがですか。

参考までに大手写真スタジオでの撮影プランの場合、撮影料金は3000円くらい、プラス欲しい写真の枚数だけ商品代がかかり、合計10000~30000円程度だそうです。

体験型ギフト

今回調べてみて一番驚いたのが、こちらの「体験型ギフト」の充実度です!私が欲しくなりました(笑)

まだまだアクティブな60歳の方に、色々な体験を通して、新たな発見や豊かな時間をプレゼントするのはいかがでしょう。

ご紹介したい体験例はたくさんあるのですが、一例をご紹介しますね。

シアター&ミュージックギフト

ミュージカル・バレエ・歌舞伎など、一流の舞台を観劇できるペアチケットです。ご夫婦での特別な時間になりそうですね。

クルージングチケット

各都市の港から出る船に乗ってクルージングを楽しむことができます。

ランチクルーズやティークルーズなどのコースがあり、海の上で非日常の空間を満喫できるなんてうらやましいですね!

「体験型ギフト」はカタログギフトのようになっていて、他にも「高級エステ体験」や「お取り寄せグルメ」などたくさんの中から選ぶことができますよ♪

サプライズムービーを作る

サプライズムービーとは、家族や親せきなど近い間柄の人からのコメントを集めた動画です。よく結婚式の披露宴に、サプライズで流れるムービーです。

当日までに、家族や親せきから「おめでとう!」など伝えたいメッセージを集めておき一本に編集して贈れば、きっと感動のサプライズになりますね!

動画編集は手間がかかりますが、最近はスマホで動画編集ができる人も増えていますね。

自分のために作ってくれた動画は一生の宝物になるのではないでしょうか。

いかがでしょうか。モノで贈るプレゼントもいいですし「心」に残るプレゼントも素敵ですね。

幸せな思い出は、きっと第二の人生のスタートを明るく力強いものにしてくれることでしょう!

まとめ

  • 還暦祝いは昔は数え年、現在は満年齢で祝うことが主流になっている。満60歳の誕生日にあたる年なら59歳や60歳でも大丈夫。家族が集まりやすい時期を選んでお祝いしても良い。
  • 還暦祝いのプレゼントは「実用的なもの」や「記念になる特別なもの」が喜ばれる。還暦祝いにふさわしくないものあるので注意する。
  • 男性へのプレゼントなら、お酒や飲むためのタンブラー、赤いポロシャツや腕時計などがおすすめ。
  • 女性へのプレゼントなら、お花やアクセサリー、財布などがおすすめ。
  • 上司へのプレゼントなら、花束やスポーツウェア、名前詩などがおすすめ。
  • 旅行やみんなでの食事会など、思い出に残るお祝いの方法も記念になる。

あなたの周りに今59歳の方がいたら、もうすぐ迎える還暦のお祝いに向けて、何かヒントになれば嬉しいです。

還暦を迎えるのがご両親なら、どんなプレゼントなら喜んでくれるのか、59歳のうちからそれとなくリサーチして準備万端にしておくのも良いですね!

心をこめたプレゼントなら、きっとどんなものでも喜んでくれることと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました