1人ディズニーはおかしい?誰かと一緒ではできない楽しみ方を紹介!

エンタメ
スポンサーリンク

大人から子どもまで、誰もが夢のような時間を過ごせるディズニー。

ディズニーは家族や友だちなど、誰かと一緒に行く人が多いイメージですが、1人で行くとおかしいのでしょうか?

1人でディズニーに行くのっておかしいのかな?

街中を1人で歩くのとは違い、1人でディズニーへ行くのはどうなのか気になりますよね。

しかし、1人でディズニーへ行くのは全くおかしいことではないため安心してください!

1人であれば、いつ、何をするかを自由に決められるという点で、あえて1人で行く人も多いです。

とはいえ、1人で行動することに慣れていない場合は1人ディズニーにも注意が必要です。

この記事を読むと、1人ディズニ―を思い切り楽しむためのポイントを押さえられますよ♪

それでは、1人ディズニーの楽しみ方やデメリットなどを詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

1人ディズニーはおかしいことではない!1人ならではの楽しみ方を紹介!

1人映画や1人焼肉など、「1人〇〇をどこまでできるか?」という話題はよく出ますよね。

1人ディズニーはその中でもハードルが高く思えます。

しかし、1人ディズニーはおかしいことではなく、むしろディズニーを自分の好きなように楽しむ大チャンスなのです!

1人ディズニーを不安に思う主な理由は、こちらです。

  • 寂しい人だと思われていそう・・・。
  • 1人でアトラクションに乗っていても周りから浮かないか?
  • そもそも1人で行って、楽しいものなのか?

たくさんの人がいて、規模が大きい分周りの目が気になってしまいますよね。

しかし、ディズニーにいる人たちはディズニーを思い切り楽しんでいるため、あまり周りが見えていません。

そのため、1人でディズニーに来ている人に対しておかしいと思う暇もないのです。

誰かと一緒ではできないことも、1人であればすべて自由にできるため気を遣わずに済みます。

1人ならではの楽しみ方を知って、1人ディズニーを思い切り楽しみましょう!

年間パスポートを持っていた私がおすすめする1人ディズニーの楽しみ方は、こちらです。

  • ショーやパレードを好きな場所で思い切り楽しむ
  • ディズニーでしか食べられないフードを思う存分味わう
  • 1人の特権シングルライダーでアトラクションに乗る
  • ベストショットが撮れるまで何枚でも写真撮影
  • キャラクターとおしゃべりできるグリーティング

それでは、1人ディズニーの楽しみ方を詳しくご紹介していきます。

ショーやパレードを好きな場所で思い切り楽しむ

ディズニ―では、季節や周年ごとに違うショーやパレードをやっていて1年中にぎやかなイメージがありますよね♪

その時にしか見られないショーやパレードを、良い場所で見たいと思いませんか?

1人であれば、自分の好きな場所を取り、間近でキャラクターやダンサーを見ることができますよ♪

良い場所を確保できれば、キャラクターやダンサーの写真もバッチリ撮れますね。

更に、前列でパレードを見ているとキャラクターからファンサービスをもらえることがあるのです…!

私が初めてファンサービスをもらったのは、ラプンツェルからでした。

ディズニーでもらえるバースデーシールを胸元に貼ってパレードを見ていると、私を指差して「ハッピーバースデー!」と言ってくれました。

前列だったこともあり、胸元のシールが目に入りやすかったのだと思います。

また、キャラクターに関連するグッズを身につけているとリアクションしてくれることが多いです。

もし、良い場所が分からない場合は、パーク内にいるキャストに聞いてみると親切に案内してくれますよ。

しかし、ショーやパレードを間近で楽しむには、始まる前から場所取りをする必要があります。

人気のものだと1時間~数時間前から場所を取っていないと埋まってしまう可能性も…。

もし誰かと一緒に来ていた場合、相手はその時間を使ってアトラクションなど別の楽しみ方をしたいかもしれません。

しかし、1人であれば自分の好きなように時間を使えますよね。

1人ディズニーは、ディズニーでの1日をどう過ごすかを自由に決められるということが最大のメリットです。

是非、その時にしか見られないショーやパレードをベストポジションで思い切り楽しんでみてください!

前列でたくさんアピールすると、キャラクターからファンサをもらえちゃうかも…!

ディズニーでしか食べられないフードを思う存分味わう

ディズニーでは、人気のレギュラーフードから、期間限定のものまで幅広く売っています。

売っているエリアがそれぞれ異なるため、パークの景色を楽しみながらお店まで向かえますね♪

1人ディズニーでは、同行者に食の好みを合わせる必要がありません。

そのため、好きな時間に、好きなものを、好きなだけ食べられます。

例えば、ワゴンで売っているフードはパン系、ポップコーン、スイーツなどの軽食が多いため、ショーやパレードの待ち時間におすすめです。

カフェではデザートや飲み物なども季節ごとに違い、食べたいものとお腹に入る量の違いに落ち込みます…。

また、ディズニーには和洋中それぞれのレストランがあり、お好みのレストランで食事ができますよ。

レストランは基本予約制のため、当日の朝に予約してから行くのがおすすめです。

私はディズニーランドにある「ブルーバイユー・レストラン」が大好きで、予約が取れる時にはいつも行っていました。

ブルーバイユー・レストランは「カリブの海賊」のアトラクション内にあるレストランです。

このレストランは何時に行っても夜で、にぎやかなディズニーとは違った雰囲気を楽しめますよ。

コース料理のお店なため、優雅に1人でゆったりと過ごしたい時におすすめです。

パーク内には魅力的なお店においしいフードがたくさん用意されています。

1人ディズニーでは人目を気にせず好きなように食べてみましょう!

その時期にしかないスーベニア(記念品)付きのフードもあるため要チェック…!

1人の特権シングルライダーでアトラクションに乗る

ディズニーには、それぞれの世界観に合わせたアトラクションがたくさんあり、1日中楽しめます。

絶叫系はもちろん、絶叫系が苦手でも楽しめるアトラクションも多く、全部に乗りたいくらいですよね。

ディズニーには、1人で並ぶと通常よりも少ない時間でアトラクションに乗ることができます!

このシステムのことを「シングルライダー」と呼び、以下が対象アトラクションです。

【ディズニーランド】

  • スプラッシュ・マウンテン
  • ビッグサンダー・マウンテン

【ディズニーシー】

  • インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮
  • レイジングスピリッツ

シングルライダーは、運営状況などにより実施していない時もあるため、乗る前にアトラクションごとのキャストに確認しましょう。

ディズニー側がこういったシステムを用意しているくらい、1人ディズニーは思っているよりも普通のことなのです。

もちろん、シングルライダーの対象ではないアトラクションにも1人で乗れます。

それでも、1人でのアトラクションは人の目が気になる…。

それでも、1人でアトラクションを体験することに抵抗がある場合は、1度にたくさんの人が乗るシアタータイプのアトラクションがおすすめです。

シアタータイプのアトラクションは何十人~何百人と一気に人が入るため、大勢に紛れられて1人でも目立ちにくいですよ。

以下が、シアタータイプのアトラクションです。

【ディズニーランド】

  • 魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ”アロハ・エ・コモ・マイ!”
  • カントリーベア・シアター
  • ミッキーのフィルハーマジック
  • スティッチ・エンカウンター

【ディズニーシー】

  • タートル・トーク
  • マジックランプシアター

また、シアタータイプではありませんが、ディズニーランドの「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」もおすすめですよ。

迫力のある3D映像を見ながら、宇宙船に乗るアトラクションとなっています。

私は映画「スター・ウォーズ」を見たことがないのですが、それでも大好きなアトラクションの1つです。

なんと、3D映像にはいくつかパターンがあり、ランダムになっているため何度も乗って全部見てみたいですよね!

誰かと一緒では、同じアトラクションをリピートできないかもしれませんが、1人であれば気にせずに乗れます。

アトラクションのリピートだけでなく、全制覇を目指すのも1人ならではの楽しみ方ですね♪

ディズニーではアトラクションごとにキャストの挨拶が変わるため、よく聞いてみましょう♪

ベストショットが撮れるまで何枚でも写真撮影

ディズニーはアトラクションやショー・パレードが魅力的なだけでなく、パーク内の外観も細かいところまでしっかりと作られています。

そんないつもとは違う景色を、写真に残すのもディズニーを楽しむ方法の1つです。

1人ならば、好きなエリアで好きな景色をベストショットが撮れるまで撮影できますよね♪

天気や時間帯によって違った雰囲気になるため、唯一無二の写真が撮れますよ。

王道ですが、私はシンデレラ城の写真を昼と夜の両方で撮りに行っていました。

昼は青空の背景とお城がマッチしていて、まさに「ディズニー」という写真が撮れます。

夜になると、昼とは雰囲気ががらりと変わって美しくライトアップされたお城になり幻想的な写真が撮れるのです。

撮れた写真はスマホのロック画面やホーム画面にすることで、ディズニーにいない時でも幸せな気持ちになれるためおすすめですよ。

また、エリアごとのキャストにどこで写真を撮るのがおすすめか聞いてみると、丁寧に教えてくれます。

そのエリアを知り尽くしているため、他の人が撮っていない穴場を教えてくれるかもしれません…!

ディズニーはパーク内に、可愛くて面白い演出や飾り付けをたくさんしています。

普通に回っていては気づかないようなことも、のんびり写真を撮りながら回ると発見できて面白いですよ。

時間や枚数を気にせず、ベストショットが撮れるまで写真撮影を楽しみましょう!

パーク内の隠れミッキー、いくつ見つけられるかレッツチャレンジ!

キャラクターとおしゃべりできるグリーティング

ディズニーには、キャラクターと1対1で会える「グリーティング」というアトラクションがあります。

好きなキャラクターとおしゃべりして写真を撮れる場所となっており、ファンにはたまらない空間です…!

誰かと一緒だと、恥ずかしくてキャラクターに伝えたいことを伝えられなかったり、思っているように写真を撮れなかったりするかもしれません。

しかし、1人であればキャラクターとのおしゃべりに集中できて、好きなポーズで写真を撮れます。

また、空いていれば何度も並び直して会いに行くこともできます。

キャラクターは、何度も来てくれていることを覚えているため、もっと話が弾みますよ♪

以下が、グリーティングアトラクションをやっている主なキャラクターです。

  • ミッキーマウス
  • ミニーマウス
  • ドナルドダック
  • デイジーダック

日程や時間帯によってはお休みだったり、休憩中だったりするキャラクターもいるため、確認してから会いに行きましょう。

この他にもグリーティングできるキャラクターがいますが、当日まで誰が来るかはお楽しみとなっています。

パーク内を歩いていると、思わぬところでお散歩中のキャラクターに会えるかもしれません。

その場合大勢の人が集まるため、1対1でおしゃべりは難しいかもしれませんが、たくさんアピールすると気づいてくれます。

気づいてくれると手をつないできたり、肩を組んでくる積極的なキャラクターもいて、お散歩に誘われることもあります!

私はなかなか気づいてもらえないことが多く、お散歩中のキャラクターとコミュニケーションをとるのが苦手でした…。

絶対にキャラクターとおしゃべりしたい、一緒に写真を撮りたい、という場合はグリーティングアトラクションに並ぶのが確実です。

グリーティングには色んな形があるため、1人だと好きなように会いに行き、お散歩について行くこともできますね♪

好きなキャラクターに会えた時は、1人ということを最大限に活かして、キャラクターとのおしゃべりや写真撮影を楽しみましょう!

会いに行くキャラクターのグッズを身につけていると、たくさん褒めてもらえるかも…!

1人ディズニーのデメリットと解消方法はこちら

1人ディズニーがおかしいことではなく、楽しむ方法がたくさんあると分かったものの、誰かと行く時との差について気になりますよね。

1人ディズニーにデメリットはないのかな?

1人ディズニーでのデメリットは、こちらです。

  • 待ち時間が暇・退屈
  • アトラクションやショー・パレードの感想を言い合えない
  • 場所取り中、その場を離れる時にはキャストに声をかけなければならない

それでは、1つずつ解消方法をご紹介していきます。

・待ち時間が暇で退屈

普段、誰かと話しているといつの間にかかなりの時間が経っていますよね。

ディズニーも同じように、誰かと一緒に行くと待ち時間に話しているだけでも時間があっという間に過ぎていきます。

しかし、1人だと話し相手がおらず、ただ待っているだけに…。

そんな時は、本を持って行き読書をしたり、スマホをいじったりして時間を潰しましょう。

私はスマホのパズルゲームをしているといつの間にか時間が過ぎていました。

頭を使う系や心を無にして指を動かす系など、いくつか好きなアプリを入れておくと飽きずにいられます。

また、あまり多くはないですが、ノートパソコンで作業をしている人もいます。

それまでに撮った写真を編集したり、ブログやSNSを更新したりできるため、時間が潰せますね。

集中してできるものだと、あっという間に時間が過ぎていきますよ。

・アトラクションやショー、パレードの感想を言い合えない

楽しい経験をした後や、感動するものを見た時にはすぐ誰かに話したくなりますよね。

アトラクションやショー・パレードが終わった後、すぐに感想を言い合う相手がいないというのは少し寂しいものです。

しかし、普段から1人で買い物をしたり、映画を見に行ったりしている場合は特に寂しさを感じないかもしれません。

SNSをやっていれば、写真や動画をアップすることにより、いいねやコメントをもらえて感想を共有できますよ。

ディズニーは全世界共通で人気なため、アップするとすぐに反応をもらえます。

簡単な英語も入れて投稿すると、海外のディズニーファンからメッセージがくることもありました!

同じディズニーでも、海外と日本のディズニーでは違うところも多いため、興味を持ってくれます。

その場に感想を話せる相手はいませんが、別の共有方法があると寂しさも感じませんでした。

1人ディズニーで感想をすぐに共有したい場合は、SNSで専用のアカウントを作っておくと良いですよ♪

・場所取り中、その場を離れる時にはキャストに声をかけなければならない

1人でショーやパレードの場所を取っている間、トイレなどでその場を離れたい時にはどうすればいいのか不安ですよね。

私は冬場に場所取りをしていて、温かい飲み物を買いに行きたくなってしまった時、どうすればいいのか困惑気味に…。

思い切って近くにいたキャストに声をかけたところ、その場を離れる時には貴重品を持って行くように言われました。

ディズニーのキャストは優しくて丁寧なため、どの人でも安心して声をかけられます。

キャストに声をかけなければ、荷物を落とし物として片づけられてしまう可能性があるため注意が必要です。

1人ディズニーで場所取りをしている時には、必ずキャストに声をかけてからその場を離れるようにしましょう。

絶対に貴重品は必ず持ち歩き、なるべく短時間で戻るようにしましょう。

1人ディズニーのデメリットは、普段から1人で行動することに慣れていれば問題ありません。

1人でも時間を潰せる準備をしていれば、1人ディズニーのデメリットは解消できます。

次は、1人ディズニーに必要な持ち物をご紹介していきます。

1人ディズニーはモバイルバッテリーなど持ち物が大切

1人ディズニーに持って行った方がいいものはあるのかな?

1人ディズニーでは、待ち時間が暇になりがちです。

せっかくディズニーを楽しみに行っているのに、退屈な時間を作りたくないですよね。

暇を潰せるものや、待ち時間を快適に過ごすためのアイテムを持って行くと、1人でも問題なく過ごせます。

以下が、1人ディズニーに必要な持ち物リストです。

  • モバイルバッテリー
  • クッションシート
  • 暑さ対策できるもの(夏)/ 防寒対策(冬)

それでは、どこで使うのかを詳しく見ていきましょう。

・モバイルバッテリー

1人ディズニーでは、モバイルバッテリーを必ず持って行きましょう。

1人でいる分スマホをいじる時間が多くなり、みるみるバッテリーが減っていきますよね。

更に、ディズニーではアトラクション、ショー・パレード、レストランの予約まですべてアプリで行います。

つまり、1人の時にバッテリーが切れてしまうと計画通りにディズニーを楽しめないのです。

私は1人ディズニーに慣れていない頃、考えずにスマホをいじっていたためバッテリーがすごく減ってしまい…。

午後のレストランやアトラクションのために、なんとかバッテリーをもたせられるよう必死で大変でした。

モバイルバッテリーを貸してくれる同行者もいないため、自分で持って行かなければなりません。

せっかくディズニーに来たのに、計画が崩れ、写真や動画も撮れずに過ごすのは辛いですよね…。

また、帰りのバスや電車で連絡を取れる状態でないと不安になります。

そうならないために、1人ディズニーをする時には必ずモバイルバッテリーを持って行きましょう!

・本

本を集中して読むと、あっという間に時間が過ぎていきますよね。

1人ディズニーでの待ち時間は、読書をするのがおすすめです。

文庫本であれば、コンパクトで持って行きやすく、あまり荷物にもなりません。

私は新しい本を読み始めるまで時間がかかるタイプなため、新しい本ではなく途中まで読んだ本を持って行くようにしていました!

そうすると続きが気になるため、すぐに読み始められます。

小説を気になるところで止めておくのはうずうずしますが、私の中で1番早く時間が過ぎていく方法でした!

また、ディズニーのガイドブックを持って行くと、待ち時間でその後回りたい場所をチェックできますよ。

自分の知らないディズニーのことがたくさん書いてあり、食べたいものや可愛いグッズなどが見つかります。

好きな本を持って行き、1人の待ち時間を退屈することなく過ごしましょう!

・クッションシート

ショーやパレードで場所取りをしている間は、外で座って過ごすことになります。

長時間、地面に座っているとお尻が痛くなってきますよね。

特に冬場は地面が冷たくて余計に痛くなってきます。

そんな時のために、クッションシートを持っていくのがおすすめです。

椅子よりも荷物にならず、レジャーシートよりもふかふかしているため機能性もばっちりですよ!

そして、100円ショップでも買えるため費用があまりかかりません。

待ち時間でお尻が痛くなった後に、パークを回るのはきついですよね。

私はクッションシートなしで行った時、パレード終了後に1度ベンチで休まないと動けませんでした…。

その後の予定が少しずつ崩れたため、クッションシートがあるかないかは差が大きいです!

その後のディズニーを楽しむためにも、ショーやパレードの場所取りでは、クッションシートを活用しましょう!

・暑さ対策できるもの(夏)/ 防寒対策(冬)

夢の国、ディズニーでも夏は暑く、冬は寒いです。

ディズニーではアトラクションに並んでいる時も、ショーやパレードの場所取りをしている時も、外で過ごす時間が多いです。

その分暑さ対策や防寒対策をしなければ、ディズニーで過ごす時間が苦痛になってしまい、楽しめません。

夏には冷却の汗拭きシートやタオル、ハンディファン(扇風機)を持って行くと暑さをしのげます。

私は冬よりも夏の待ち時間の方が辛く、日傘を絶対に持って行っていました。

もちろん、人に当たらないようにするなど気をつけなければなりませんが、日差しがないだけでもすごく楽になります。

夏場は1人の時に体調を崩すことへの不安もあったため、いつもよりも持ち物に気を配っていました。

冬はしっかりと着込み、マフラーや手袋を身につけ、ブランケットやカイロを持って行くと外での時間も安心して過ごせます。

冬場はとにかく温かくしてから家を出て、パーク内で温かい飲み物を買っていました。

寒い中、普段の街中とは違うディズニーで飲むホットココアやホットコーヒーは何倍もおいしく感じられるためおすすめですよ。

それぞれ季節ごとの対策をして、1人ディズニーを快適に過ごしましょう!

1人ディズニーを思い切り楽しむために、目的に合った持ち物を準備していくのがおすすめです。

準備や対策をばっちりして行けば、1人ディズニーも問題なく楽しめますよ♪

まとめ

  • 1人ディズニーはおかしいことではなく、周りも1人で来ている人を気にしていない。
  • 1人ディズニーならではの楽しみ方は、好きな場所でショーやパレードを楽しむ・シングルライダーでアトラクションを楽しむなどがある。
  • 1人ディズニーのデメリットは準備や対策で解消できる。
  • 1人ディズニーでは持ち物をチェックし、特にモバイルバッテリーは必ず持って行く。

1人ディズニーはハードルが高く見えて、「おかしいのかな?」と不安になりますよね。

しかし、1人でディズニーに行くのはおかしいことではなく、誰かに合わせなくていいため気楽ですよ。

1人ならではの楽しみ方や持ち物をしっかりチェックし、自分だけのディズニー時間を思い切り楽しみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました