遠距離恋愛で3ヶ月間会えないのは普通?成功するカップルの秘訣はコレ

恋愛
スポンサーリンク

あなたは遠距離恋愛中の彼氏と3か月ほど会えない状況に悩んでいませんか?

3ヶ月も会えないなんて淋しい…

最近彼氏からの連絡が少ない…やっぱり遠距離って無理なのかな…

会えないことが不安になるのは彼氏のことが好きであれば当然ですし、彼氏との将来を心配するなというほうが無理ですよね。

遠距離恋愛で3ヶ月以上会えないカップルでも長続きして成功している秘訣は心の距離が近いことにあるようです。

この記事では遠距離恋愛で3ヶ月以上会えない時も、心の距離が離れない過ごし方を紹介します。

さらに、遠距離で3ヶ月と言えば倦怠期や別れが多いと言われていますがどうなのでしょうか。

現在、遠距離で悩んでいる方はぜひ参考にして下さい。

スポンサーリンク

遠距離恋愛で3ヵ月以上会えない時の過ごし方

会えないことが不安に繋がる遠距離恋愛ですが、物理的距離は無理でも心の距離は縮めておくことができます。

遠距離恋愛で3ヶ月以上会えない時も心の距離が離れない過ごし方はこの3つです

  • 連絡の頻度を二人で決めておき、お互いが連絡する
  • 次に会う日を早めに決めておく
  • 彼氏以外との時間も大切にする

心の距離が離れない過ごし方を知っておけば、たとえ会えない期間が長くてもお互いを信頼できます!

遠距離恋愛で3ヶ月以上という長期に会えないことを普通なのかどうか他のカップルと比べてしまう気持ちもわかります。

この長期間に彼氏が自分に飽きないか、浮気されないか…考え始めたらキリがありませんよね。

しかし、カップルの形はそれぞれです。1人で考えるより不安や寂しさをなくす努力を彼氏と2人でしていきましょう。

例えば、連絡頻度をはじめから決めておけば、自分が思う連絡頻度より少ないと不安になることも少なくなるはずです。

もし連絡が少なくなっても理由をききやすいのではないでしょうか。

心の距離が離れない過ごし方=2人で一緒にいる努力です。そしてお互いに安心できる、信頼できることにもつながります。

では早速、「遠距離恋愛でも心の距離が離れない方法」3つを一つずつ確認していきましょう。

この記事を読めば二人でどのような努力をすればいいのか分かるはずです。

連絡の頻度を二人で決めてお互いが連絡する

元々お互いの住所が遠距離なら付き合う時に、これから遠距離になる人は遠距離になる前に決めましょう。

ここで大切なのはお互い妥協しないことです。「彼氏は連絡マメじゃないから私が我慢しよう」と憶測で提案することは絶対にやめましょう。

恋人になるということはお互いを大切にするという約束です。自分の意見を尊重してくれない人とはこの先の関係も厳しいです。

そのかわりあなたも彼氏の意見をしっかりきいてください。

お互いの性格や意見を尊重しながらお互いが納得できる連絡頻度を決めて、それをお互いに実行してください。

もし、生活の変化で決めた連絡頻度が難しいようならまた話し合ってください。

しっかり話し合いができるカップルは距離くらいで別れませんよ。

次に会う日を早めに決めておく

3ヶ月以上会えないということはお互いの距離がそれなりに離れている、または私生活が忙しく会える時間が取れないということだと思います。

距離や時間を理由に会う日をいつまでも決めないとお互いを大切にしているのか不安になってきます。

いつ会えるか分からないのはお互いに対するモチベーションを保てません。

できれば実際に会えた時に次の約束を決めるのが理想ですが、それが無理でも早めに決めましょう。

ここでも憶測で遠慮することはやめてください。彼氏もあなたを大切に想っていたら会う約束をすることはすごく嬉しいはずです。

彼氏以外との時間も大切にする

これは遠距離、近距離関係なくすべてのカップルに言えることです。

趣味を満喫したり、自分に似合う服やコスメを研究したり、一人で様々な交流や体験、努力をする人はとても魅力的です。

「次に会った時にこんなことがあったと話したい」「キレイになったと思ってもらいたい」など次に会う時の楽しみにもつながります。

次のデートでしたいことや行きたい場所を探すのもいいですね。

普段の連絡でもあなたが私生活でイキイキと過ごしていることを知ったほうが彼氏は安心すると思います。

ただし、彼氏に「自分がいないほうがいいかも…」と思われる可能性もあるので愛情表現も忘れずにお願いしますね。

いかがでしたか?現在遠距離恋愛をしている方も、これから遠距離恋愛になる方もこの3つの過ごし方をすれば、お互いの信頼につながります。

もう一度ポイントを確認しましょう。

  • お互いが納得した連絡頻度で、お互いが連絡する
  • 次に会う予定は早めに決める
  • 彼氏以外との時間も大切にする

私も遠距離恋愛をしていた時は、自分が連絡をおろそかにしがちなのに、会う日を私任せにする彼氏にキレて別れたことがあります。

今思うとお互いがお互いを大切にできていなかったんだなぁと思います。

あなたはこの3つに気を付けて、お互いを思いやる努力をしてくださいね。

遠距離恋愛でも3ヶ月経つと倦怠期に入るわけではない!

遠距離恋愛は3か月で倦怠期になるという話聞いたことありませんか?私も友人同士でそういった話を聞いたことがあります。

しかし3ヶ月というのは目安です。必ずしもその期間で倦怠期に入るわけではありません。

倦怠期とは恋人関係に慣れること、飽きることで生じるものです。

これにより彼氏の良いところが当たり前になったり、短所が気になったりすることで魅力が薄れてしまいます。

遠距離の場合、はじめはお互いに安らぎを求めたり、連絡をこまめにしたり、しっかりコミュニケーションが取れるカップルが多いと思います。

しかし月日が経つと環境に慣れ、彼氏との関係性にも慣れ、倦怠期に入りやすくなるため注意が必要です。

この慣れてくる期間を3ヶ月ほどと考える人が多いため「遠距離恋愛3ヶ月で倦怠期に入る説」がささやかれているのではないでしょうか。

ここでは倦怠期に入る理由とその倦怠期を乗り越えるためのポイントを紹介します。

遠距離恋愛で倦怠期に入る理由

遠距離恋愛で倦怠期に入る理由はこの主にこの2つです。

  • 距離による障害で不満がつのる
  • 会えないことに慣れてお互いへの興味が薄れる

お付き合い当初は距離に関係なく恋人関係が新鮮であったり、お互いにドキドキしたりして刺激のある関係となります。

あなたも彼氏と付き合ったばかりの頃は些細なことが嬉しい、ふとした瞬間にときめきを感じることも多かったのではないでしょうか。

しかし、月日が経つとその関係に慣れ、お互いへの思いやりや興味が薄れてくることで倦怠期に入ります。

特に遠距離恋愛では会えない淋しさを彼氏にぶつけることでウザがられたり、あきれられたりすることもあります。

その結果、連絡頻度が減ってしまって倦怠期へ突入というパターンがあります。

また、会えない日常に慣れることで倦怠期に入るパターンもあります。

はじめはなかなか会えないからこそ、マメに連絡したり貴重なデートの日を楽しみにしていたりしますよね。

しかし、会えない日常が当たり前になるとそれすら億劫に感じてしまいます。

連絡回数も会う回数も少ないという、ある意味楽な状況に慣れてしまうことでお互いへの興味が薄れる可能性があります。

逆に連絡を取りすぎてお互いのことを知り尽くした結果、興味がなくなることもあるので連絡頻度には注意が必要です。

遠距離恋愛で倦怠期を乗り越えるためのポイント

では倦怠期に入らないためにはどうしたらいいのでしょうか。

残念ながら入らないというのは難しいです。

なぜなら、ほとんどの人間は慣れることで飽きる性質があるからです。たまに倦怠期のないカップルもいますがレアケースです。

そのため倦怠期に入らない方法ではなく、乗り越える方法を紹介します。ポイントはこちらです。

  • 相手を思いやる
  • いつもと違うデートや過ごし方をする
  • 将来のことを話す

では一つずつ確認していきましょう。

相手を思いやる

私が一番に紹介した、心の距離が離れない3つの過ごし方はもちろん実行してほしいです。

この3つはお互いに「あなたのことを大切に想っているよ」という気持ちを行動に示したものです。

それに加えて、もし彼氏のほうから連絡や会う約束が減っても、あなたは思いやった行動を続けてください。

しかし、すべて彼氏に合わせるのではなく、それを寂しいと思っていること、不満に思っていることを可愛く伝えてください。

可愛くが難しければ怒らないで伝えることだけ意識してください。次のように伝えるのがおすすめです。

彼氏からの連絡頻度が減った

→最近連絡少ないけど忙しい?寂しいけど落ち着くまで我慢します。無理しないでね。

会う約束をしてくれない

→次に会える日を楽しみに可愛い服を用意しておきます。忙しいのはわかるけど身体は気を付けてね。

ここでのポイントはあなたとのコミュニケーションが減って寂しいんだけど、あなたのことを心配していると伝えることです。

こんなふうに気遣ってくれるあなたを彼氏は大切に想うはずです。

もし、これでも連絡頻度や会う約束がなく、そのことに具体的な理由がないのであればこの先、彼氏との将来は怪しいかもしれません。

本当に忙しくてあなたとのコミュニケーションが難しいのであれば、あなたに嫌われないようにしっかりとした理由を伝えてくれるはずです。

自分が大切にされたいなら、まずは自分が相手を大切にする。

それにあぐらをかいて大切にしてくれない彼氏であれば、これからの関係を考えたほうがいいかもしれません。

いつもと違うデートや過ごし方をする

これは慣れに対する対処法です。まずデートの場所を変えてみましょう。

遠距離であれば移動で疲れてしまい、いつも同じ過ごし方をするカップルも多いかもしれません。そんなときはいつもと違う場所で会ってみましょう。

お互いの中間地点で会っているなら思い切ってどちらかの住所にいくのもいいと思います。

場所が変われば旅行気分を味わえてマンネリ解消にもつながるのではないでしょうか。

また、離れている間にもできることがあります。いつも電話だけならテレビ電話をしてみる。二人だけのオンライン飲み会なんていいかもしれませんね。

また、どちらかの趣味にゲームがあれば一緒にオンラインゲームをしてみる、同じ映画を見て感想を言い合うのもおすすめです。

離れていても楽しみを共有できることでマンネリ解消につながることがあります。

将来のことを話す

遠距離でも恋人でいたい、倦怠期も乗り越えたいと思っているあなたはこの先も彼氏と一緒にいたいと考えているはずです。しっかり話し合いましょう。

この先も一緒にいたいとお互いが思い、将来のビジョンを共有できたなら二人の絆はもっと強いものになると思います。

ここまで、倦怠期に入るタイミング3ヶ月に限らず、カップルそれぞれなことを紹介しました。

また、遠距離恋愛で倦怠期に入る理由は、距離による障害で不満がつのること、会えないことに慣れてお互いへの興味が薄れることが多いと説明しました。

これは人の性質の問題なので避けるのは難しいです。

そのため、もう一度倦怠期を乗り越えるためのポイントを確認しましょう。

  • 相手を思いやる
  • いつもと違うデートや過ごし方をする
  • 将来のことを話す

この3つで倦怠期を乗り越えてください。

特に将来のことを話すのは二人の今後の目標になります。二人のビジョンが同じであればよい関係を保つことができます。

私のように結婚したいと思っていたのは自分だけで、ブチ切れて別れるなんてことにはならないようにご注意ください。

遠距離恋愛だから3ヶ月で別れるということではない!

ここまで遠距離恋愛での倦怠期とその乗り越え方について説明してきました。

3ヶ月くらいで起こった倦怠期を乗り越えられなかったカップルは別れてしまいますが、遠距離恋愛だから3ヶ月で別れるということではありません。

しかし、あなたはここまで紹介した努力や行動をするのが難しい、今更無理と感じているかもしれません。

ここからは遠距離恋愛を続けるか迷っている方に判断材料を紹介します。この記事があなたを幸せにする参考になると思います。

遠距離恋愛を続けていくのが良いと思われる状況

一旦遠距離恋愛を頑張ろうと思えたなら、途中で別れるのは距離のせいだけではありません。

遠距離恋愛に限らず、下記の3つができていれば彼氏と一緒にいることがあなたの幸せにつながると思います。

  • お互いを大切にしていると自信が持てる
  • 対等に話し合いができる
  • お互いの描く未来が一緒である

お互いを不安にさせるような付き合いでは、今後一緒にいられる日が来ても不安は解消されません。

言葉や態度であなたが安心できる、彼氏も安心してくれているという関係でないと将来は厳しいです。

対等に話し合いができることは完全に私の主観ですので必ずではないかもしれません。

しかし現在夫のことで深刻に悩んでいる、または離婚した友人はどこも対等な関係ではありませんでした。

あなたの幸せが彼氏と一緒にいることであれば必須ではありません。

でも、対等に話し合い、意見を尊重し合い、助け合っていくことができるほうが幸せだと思います。

お互いの描く未来が一緒なのは遠距離恋愛において必須です。

結婚したいのか、一緒にいれるビジョンがあるのか…

それぞれの形があるので結婚がすべてではありませんが、二人の思う未来が同じでなければ一緒にいる意味がいずれなくなってしまいます。

彼氏と別れるほうが良いと思われる状況

幸せは人それぞれなので、あくまでも一般論として見てください。

あなたが彼氏と付き合っていることに幸せを感じているのであれば他人がどう思ってもカップルの問題なので気にしないでください。

しかし、あなたが彼氏と別れるか迷っているのであれば、この3つの視点で考えてほしいです。

  • 付き合っているのか不安になる
  • 自分ばかりが彼氏に合わせている
  • 将来の話ができない

付き合っているのか不安になるような関係はストレスにしかなりません。

私は彼氏に時間もお金もたくさん使っているのに…

また、これを感じたら今後の関係を続けていくのは厳しいです。あなたが彼氏といることに幸せを感じることができなくなってしまうからです。

私はネットで知り合って何人かお付き合いしましたが、これが原因で何度も別れました。

デートの計画をたてるのも私、会いに行くのも私、サプライズや誕生日プレゼントを用意するのも私…

さすがにありがとうの言葉だけでは限界がきて、ブチ切れて別れてしまいました。

今が楽しければそれでいいとお互いに思って付き合っているのであれば問題ないです。

しかし、将来を考えたいのにはぐらかされてしまう、などのすれ違いがあるなら彼氏との関係は考えたほうがいいかもしれません。

結婚や出産を考えるのであれば年齢のこともありますし、何より、その関係を続けることに意味がなかった、時間を無駄にしたと思ってしまうのは悲しいです。

ここでは遠距離恋愛において別れるべきか迷ったときに考えるポイントをお伝えしました。

3ヶ月という期間にこだわらず、現在付き合っているが不安、自分ばかりが努力している、将来の話ができない場合は、彼氏と一度話し合ってみましょう。

彼氏が気づいていない場合もありますので一人で結論を出さないようにしてくださいね。

まとめ

  • 遠距離恋愛で3ヶ月以上会えないカップルでも長続きして成功している秘訣は心の距離が近いことにある
  • 心の距離が離れないために連絡の頻度を二人で決めておき、お互いが連絡する、次に会う日を早めに決めておく、彼氏以外との時間も大切にする、というこの3つを実行する
  • 3ヶ月で倦怠期に入る、別れるというのは世間でいう目安で、タイミングはカップルそれぞれ
  • 遠距離恋愛で倦怠期に入る主な理由は、距離による障害で不満がつのることと、会えないことに慣れてお互いへの興味が薄れること
  • 倦怠期を乗り越えるポイントは相手を思いやる、いつもと違うデートや過ごし方をする、将来のことを話す、という3つ
  • 遠距離恋愛において別れるべきか迷ったときに考えるポイントは、付き合っているか不安、自分ばかりが努力している、将来の話ができないことの3つ
  • 一人で結論を出さずに彼氏と一度は話し合ってみる

いかがでしたか。この記事では遠距離恋愛で3ヶ月以上会えない時の過ごし方を中心に、遠距離恋愛が成功するコツを紹介しました。

恋愛においては色々な性格や考え方があるので一概にこのようなときはこう!とは言えません。

私は自分が幸せになれないと感じたらすぐ別れてきたので、自分を大事にしてくれない人と結婚して苦労している友人をみると理解できません。

しかし、それが友人夫婦の形ですし、本人が幸せならいいと思います。

どんな形でもあなたが幸せと感じられたら成功です。あなたが幸せになる方向に進めることを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました